イラストやマンガの描き方が学べるオンライン教室

女の子の足の描き方講座!足や指を簡単に描くコツ

イラレポ

キャラクターを描く時、どうしても足の描き方がわからないという方は多いのではないでしょうか。
足は指や膝などが複雑な形をしているため、観察しただけでは簡単には描きづらいパーツです。この講座では、特に女の子の足の描き方を解説していきます。


正面・側面・背面からみた足の構造

まず、足がどのような構造になっているかを図として把握してみましょう。

正面

正面から見た足です。指やかかと、くるぶしなど改めてみるとパーツが多く簡単ではない形をしています。

正面から見た足

それではこのようにガイドラインを入れてみるとどうでしょう。指やくるぶしなどを除いた足の甲の部分が縦に長い三角形の形をしていることがわかります。

正面から見た足の甲

アタリをとった箇所を上からみるとこのようになっています。

足の甲の三角形

このように、足の甲に三角形のアタリを入れることで、複雑な足の形を少し単純化して捉えられるかと思います。


背面

続いては後ろから見た足です。
かかとは上に向かって伸びるような形になっていて、上部でアキレス腱とつながっています。また、この両サイドにくるぶしがあります。

かかと、アキレス腱、くるぶし

側面

足を横からも見た時の形もみてみましょう。
かかとは丸く、それ以外の部分は滑らかな輪郭で形になっています。

横から見た足

横から見ると、足の甲は場所によって厚みが違うことがわかります。指に近くなるほど細くなっていきます。

足の甲の厚み

また、土踏まずが最も凹んでいる部分は、足の甲の一番上、足首の位置から垂直に下ろしたところにあるので、これを目安として使いましょう。
この凹みは、かかとが収まる部分の目安にもなります。

かかとと土踏まず

最初は簡単ではありませんが、一度覚えるとずっと使える知識なので、徐々にこの足の形状を頭に入れていきましょう。


キャラ作画の基礎をしっかり身につける!

目や口などの顔のパーツから、手足・胴体など人体を描くために必要な基本知識が学べる講座。

詳細はコチラ!

足の描き方のコツはパーツ分け

だいたいの足の構造が分かったところで、今度は実際に足を描く時のコツを解説していきます。
足を一つの塊としてみるのではなく、下図のように4つのパーツにわけて捉えてみましょう。

①かかと
②足の甲
③甲と指の付け根
④指

この4つのブロックにわけて考えることで、足を簡単な形として捉えます。

足のパーツ分け

これら4つのパーツをより簡単な形にして分解すると右側の図のような形になります。

足を4分割にパーツ分け

このパーツ分けした足を正面の角度からもみてみましょう。最初に見た三角形の部分が②に重なる部分です。
5本ある指もここでは一つの塊としてみてしまいましょう。

正面向きの足パーツ分け

同じように単純化した足を背面からもみてみます。指さきにかけて奥行きがありますが、①のかかと部分が大きいため指先は少しだけ見える程度になっています。
逆にいうと、背面からみた足はかかとと足の甲の部分を描いてしまえばほとんど描けてしまいます。

後ろ向きの足パーツ分け

まだ複雑で分かりづらいという場合は、もっと簡単にパーツ分けする方法もあります。
このように丸、三角、四角を用いたパーツ分けを使えば、もっと簡単な形で足をとらえて描くことができます。

足のパーツの単純化

同じように、正面からみたときの図です。上から丸や三角が並ぶだけの単純な形で足を整理することができます。

正面の足のパーツの単純化

足の指の描き方

足の全体像はつかめたでしょうか?最初からすべてマスターしようとせず、焦らず少しずつ理解してください。

ここからは、足の大枠の形からより細部に入っていきます。まずはじめに、足の指をみてみましょう。


足の指

足の指をは1本1本微妙に形が異なりますが、手の指と違って、1本1本を独立して動かすことがほとんどできません
そこで、足の場合は大きな親指とそれ以外の4本とでパーツ分けして描くようにしてみましょう。

足の指のパーツ分け

足を裏からみてみましょう。足裏もこのように1本+4本として考えると描きやすくなります。

足の裏から見た指

また、下の図でもわかるように、足の指は小指にかけて小さくなっていきます。
足の指が作る形をアーチとして考えると、アーチの幅も小指に向かって狭くなっていきます。足の指の大きさはこのアーチを意識して描くとよいでしょう。

足の指が描くアーチ

指のアーチを上からみた図です。左側の小指にかけてアーチの幅が狭くなります。
このように、複雑な形を描く時は最初から細部を意識せず、まずは大きなブロックとして捉えてアタリをつけていくのがコツです。
細部の複雑な形状に惑わされず、必ず大きな塊にパーツわけして描き進めるようにしていきましょう。

小指のほうが狭くなる

靴の描き方

最後に、靴の描き方を解説していきます。裸足を描けるようになれば、靴を描きやすくなります。
今回は講座なので足の形を理解するためにも、いきなり靴を描くのではなく、先に裸足の足を描き、その上に靴の輪郭を描いていきます。指もあらかじめ描いておくと、アーチに沿って靴の形も描きやすくなり、靴に立体感を持たせることができます。

足のラインがよく出るパンプスのような靴を描く場合は、特に足の形を把握できているかで見栄えや自然さがかわってきます。
最初に足を描いてから靴を描く順序でぜひチャレンジしてみてください。
裸足を描いて靴を履かせる

上の図で、完成したイラストでは見えない指の部分も描いていたことでとても自然な靴が描けました。
靴を描くことになれてきて、足を描かずに靴を描けるようになったときも、バランスが悪かったり違和感がある時は足を描いてみると修正がしやすいです。

困った時は基本にかえって絵を見直すことが大事ですね。

靴の描き方

ちなみに、靴の描き方や種類について詳しくみていきたい方はこちらで詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。


女の子の靴の描き方講座

この講座ではヒール・ブーツ・スニーカーといった主に女性の靴の描き方について解説していきます。

講座はコチラ

女の子の足の描き方

最後に、おまけとして女の子の足の参考イラストを紹介していきます。

地面についている足だけでなく、このようにジャンプしている足にも、裸足から描いて靴を履かせることができます。

ジャンプしたときの足

ジャンプしている時の足は、靴底と裸足の間を少し空けて描くのがコツです。

靴底と足のすきまがコツ

こちらが完成したイラストです。指先まで足を描いているため、違和感のない仕上がりになっています。

ジャンプ

足に苦手意識を持ってしまっている方も多くいると思いますが、パーツ分けをして簡単な形でとらえる練習をしていけば、いろいろな構図の足にも対応できるようになるでしょう。

また、雑誌などでモデルさんの足を見て、パーツ分けの練習をするのも効果的です。ぜひ、楽しみながら「足」を理解して自分のイラストに取り入れてみてください。

女の子の足の描き方

また、女の子の足の描き方の応用編で「ぺたん座り」の描き方を解説したこちらも記事もぜひ参考にしてみて下さい。


女の子座りの描き方講座

「女の子座り」や「あひる座り」とも呼ばれるぺたん座りの描き方を解説する講座です。

講座はコチラ

まとめ

女の子の足の描き方講座はいかがでしたか?
この講座を担当してくれたしぐれうい先生の「手の描き方講座」もあるので、足を学んだら手にもぜひ挑戦してみてくださいね!


初心者歓迎!手や指の描き方講座

この講座では手の描き方を4つのパーツに分けて解説します。描く機会の多い「手」だからこそしっかりと習得しましょう!

講座はコチラ

イラレポ

先生プロフィール

teacher.teacher_name

しぐれうい

初めまして、しぐれういと申します。 普段は主に学生や若い女の子を描いております。 まだ未熟なものですが、少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです。

teacher.teacher_name

久瀬優祈

初めまして、久瀬優祈と申します。動画のナレーションを担当させていただきます。皆様のイラストいつも楽しく見せていただいておりますので、少しでもお力添えできるよう頑張ります!

おすすめプレミアム講座

すべて見る >
チャプター
お手本
イラレポ
STEP.1

足の構造

足の構造を図形として把握します
STEP.2

足を描くときのコツ、パーツ分け

足をパーツ分けして単純化してとらえる方法を解説します
STEP.3

足の指の描き方

足の指を描くときに気をつけるポイントを説明します
STEP.4

靴を履かせる

靴を履いたときの足の描き方を解説します