芸術の秋キャンペーン
イラストやマンガの描き方が学べるオンライン教室

空の描き方講座:イラストやアニメの背景の描き方 [Ari先生Vol.5]

イラレポ

イラストを描く際に空の描き方がわからない、なかなか上手く描けない...
Ari先生の背景イラスト講座 第5回目は、そんな方にピッタリな空の描き方を解説していきます。
キャラクターは描けるけど、自然物は...という方も、この講座で夕日夜空についてぜひ学んでみましょう。


空の描き方:青空を描く

空の下塗り

まずはPhotoshopのグラデーションツールを起動し、開始点と終了点の色を選択します。
今回は、青と薄い青をそれぞれの色に設定しました。

グラデーションツール

下の線のように、上から下になぞるだけで簡単にグラデーションすることができます。

簡単にグラデーションする

空や雲、草木の描き方を身につける!

背景イラストに必要な自然の描き方講座。講師は背景イラストの技法書を手がけるgarnet先生!

詳細はコチラ!

エアブラシで空の色をなじませる

グラデーションのみで、空のだいたいのイメージはできますが、さらにエアブラシを使って前後の色をなじませていきます。
ここでは不透明度を50%にし、色ムラをつけるようにしてなじませていきます。

エアブラシで空をなじませる

次に青空以外の空の描き方を解説します。
今回は、これまでに描いた下のイラストの『空』の描き方を紹介します。
見てわかる通りほぼ真っ黒な空です。

真っ黒な空

まずは先ほどと同様に、開始点と終了点の色を選択し、画面全体をグラデーションします。

暗い空のグラデーション

エアブラシを用いて色ムラをつけていき、建物を配置する周辺等は特に明るめに色ムラをつけます。

エアブラシで色ムラをつける

さらに元のイラストを見てわかるように、工場のような建物から出ている煙を表現します。
ここではカスタムしたブラシを用いて、下のように表現しました。

エアブラシで煙のような表現

続いて下のイラストのような、雪山に夕日が当たっているような空の描き方を解説します。

雪山に夕日が当たる

同様に、開始点・終了点の色を設定し、グラデーションします。

空のグラデーション

次に、エアブラシを用いて色ムラを付けていきますが、今回の空が異なる点としては、右側か夕日が当たっていることです。
差し込む光の色を決めてエアブラシで描いていきます。この時に、山などの自然物も一緒に描くと、より背景としての魅力が増すと思います。

空に山を描く

空に雲を書き込む

雲の描き方は第6回目第7回目で、ブラシの作り方と描き方をそれぞれ詳しく解説するので、ここでは簡単に解説していきます。
カスタムしたブラシを用いることで、下のイラストのように簡単に描くことができます。

雲の描き方

一旦ブラシで雲を配置し、さらにエアブラシを用いて周辺部分に加筆をすると、下のイラストのように綺麗な雲を描くことができます。

ブラシで雲を描く

以上でAri先生の背景イラスト講座 Vol.5「空の描き方講座」は終了です。
動画講座では、さらに詳しく解説を行っていますので記事よりも理解しやすくなっています。
また、Ari先生の講座の続編はAri先生の背景イラスト講座 Vol.6「雲ブラシの作り方講座」です。
今回の講座で解説したPhotoshopのブラシに関して詳しく解説されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!


イラレポ

先生プロフィール

teacher.teacher_name

Ari

背景イラストレーターのariと申します。 主にゲーム、映像、雑誌等の背景、風景イラスト制作を行っています。 本講座が何かの参考になれば幸いです。 それでは、よろしくお願いします。

おすすめプレミアム講座

すべて見る >
チャプター
お手本
イラレポ
STEP.1

下塗り

グラデーションツールを使って下塗りをします
STEP.2

エアブラシでなじませる

エアブラシを使ってより自然な空にしていきます
STEP.3

描き込み

ブラシをつかって雲を描き込みます