ありがとう!利用者数200万人突破!
会員登録をしてPamieをもっと楽しもう!
最短20秒で無料登録完了!

コントラポストを理解する!ポーズのつけ方講座

キャラクターが棒立ちにならないためにコントラポストとS字の効果を学びましょう。この講座ではイラストを描く際のアタリからラフまでの流れの中で意識すべきところを解説していきます。

イラレポ
  • STEP.1 コントラポスト

    Play button l
    肩と腰の線をずらすとオシャレ感がでます。
  • STEP.2 イラスト全体の流れを意識

    Play button l
    曲線と直線を使い分けて流れをつけていきます。
  • STEP.3 STEP1のおさらい

    Play button l
    肩と腰の線をずらして描くと動きがつきます。
  • STEP.4 STEP2のおさらい

    Play button l
    イラスト全体の流れを意識する。特にS字を入れると躍動感がつきます。
  • STEP.5 おまけ

    Play button l
    角度をつけて練習

この講座の内容

キャラクターを描くときに、いつも同じポーズで棒立ちになってしまう…そんな経験はありませんか?
この講座では「絵になる」キャラクターのポーズのつけ方を解説していきます。この講座でキャラクターにポーズをつける際のコツを学んでいきましょう!

ポーズのつけ方講座

キャラのポーズを表現するコントラポスト

覚えていただきたいポイントは2つあります。
コントラポストという言葉があり、人物が片足に体重をかけることで肩や腕が足や腰の軸とずれた状態を指します。コントラポストの効果を取り入れることで、キャラクターに動きを出しゆったりとした立ち姿を表現することができます。
そのため、キャラを棒立ちにさせたくないという方はぜひコントラポストを意識しましょう。

コントラポストの図解

そもそも棒立ちになってしまうのは、肩と腰の線画並行で動きがないためです。これを防ぐために、肩の線と腰の線をずらしてあげましょう。
このことを意識して、動きを付けていくための身体のアタリを描くとこのようになります。

身体のアタリ

悩まず描ける!ポーズ&構図講座

イラストの技術書も手がけるえびも先生による講座開講中!生放送を見逃しても180日間の録画動画が視聴可能です!

詳細はコチラ!
詳細はコチラ!

イラスト全体の流れを意識する

次に、コントラポストを取り入れつつイラスト全体の流れを意識して描くことに気をつけましょう。
筆の流れには大きく分けて、直線と曲線の2つの流れがあります。柔らかさを持たせるのは曲線であり、絵に安定感を持たせるのは直線です。

柔らかさを持たせる曲線

キャラクターを描いて棒立ちになってしまう場合、直線の割合が多くなっているはずです。曲線を増やしてやわらかさのバランスを取りましょう。
曲線を描くコツとして、アルファベットの「S」の字のような流れを意識すると、緩急がついてバランスがよくなります。

キャラクターに曲線を取り入れる

他にも身体の中で曲線を使った方が良い場所と直線の方が良い場所の違いを覚えておくとよいでしょう。美術解剖学の知識が多いに役立つので、興味のある方は調べてみてください。



コントラポストのおさらい

まず第一に、棒立ちを解消するためにコントラポストを意識して肩と腰のラインをずらしましょう。図にするとこのようなイメージです。

ラフの流れを確認

肩と腰のラインをなくしてラフだけで描いたものがこちらです。最初は上の図のように補助線を描くことをオススメします。ラインがずれているというのは、片方の足に重心がかかっているという状態なので、実際に自分で鏡の前などでやってみるとわかりやすかもしれません。
繰り返しになりますが、肩と腰の線をずらして描くことがコツです。

重心を意識した描き方

この講座の2つめのポイントとして、イラストを書くときに直線と曲線を意識して描くことも大事でした。

イラストを書く時の流れ

最初はこの感覚を掴むのは難しいかもしれませんが、描いていくうちに直感で掴んでくるようなものです。意識してS字のカーブを入れるだけでも十分動きが出るので、始めのうちは意識してたくさん描きましょう。

意識してS字のカーブを入れる

おまけ程度の話ですが、練習をしていくときは色々な角度から人物を描くと、とても得る学びが多いです。角度を付ける場合は補助線も一緒に描いてあげると分かりやすいです。

色々な角度からの人物1
色々な角度からの人物1

今描いているものは、何も考えずに描き進めて構図から連想して絵にしているようなものです。このようなラフをいくつか描きながら、もっと書き進めていきたいと思うようなものを探していくとよいでしょう。

乗り物に乗った人物
イラストにS字を重ねる

以上で、「ポーズのつけ方講座」は終了です。
動画講座では実際にポーズを描きながら解説を行っていますので、記事よりも更に理解しやすくなっています。ぜひチェックしてみてくださいね!


イラレポ

先生プロフィール

shori

お手本イラスト

この講座の制作環境

OS:Mac OSX10.8
ソフト:CLIP STUDIO PAINT

この講座のイラレポ

コントラポストを意識してキャラクターの立ち姿(全身)を描いて、イラレポを投稿しましょう!

イラレポ投稿