pen-iconpen-iconブラシ塗りの手順をメイキングで紹介。アニメ塗りとの違いも解説

「ブラシ塗り」とは、デジタルイラストのアニメ塗りをベースにした塗り方です。
キャラクターの塗りなど、様々なイラストにおいてプロの現場でも使われています。

この講座では、乃樹坂くしお先生「クリスタ入門講座 カラーイラスト編」、ぷきゅのすけ先生「ボカして脱・素人感!ブラシ塗り講座」の両イラストレーターの先生によるパルミー月謝制講座より一部抜粋してご紹介します。
CLIP STUDIOでの解説となりますが、同様の機能を持った画像ソフトであれば応用することが可能です。

カラーを始めてみたいデジタルイラスト初心者の方から、塗りのクオリティを上げたい、レベルアップしたい方まで必見の講座です!

ブラシ塗りの知識

そもそもブラシ塗りとはなんでしょうか。
ブラシ塗りとは、影やハイライトの輪郭がはっきりしたアニメ塗りをベースにして、ブラシを使いグラデーションになるように表現を加えた塗り方のことです。

まずは、乃樹坂くしお先生「クリスタ入門講座 カラーイラスト編」より、アニメ塗りとブラシ塗りについてご紹介します。

アニメ塗りの手順

下塗り

ブラシ塗り

線画を描いたら、肌、髪、服など、パーツごとに分けて下塗りをします。
塗り残しがないように、レイヤーの重なりを考えながら塗っていきます。

下塗りのポイント

ブラシ塗り

下塗りは、塗り残しがないようにするのがポイントです。
レイヤーが下にくる部分をはみだすように塗ることで、塗り残しがなくなります。
特に線画の下は塗り残しが発生しやすいので注意しましょう。

影を入れていく

ブラシ塗り

下塗りが終わったら影を塗っていきます。

  • 下塗りレイヤーの上に乗算レイヤーを作成
  • クリッピング
すべてこのようなレイヤー構造で行ないます。

ブラシ塗り

バケツツールとGペンツールのみを使用し、特別なブラシは使用しません。

どこに光が当たり影が落ちるのか意識しながら塗るのがポイントです。今回は左上から光が当たっているイメージで塗っています。

ブラシ塗り

ブラシ塗りとは

ブラシ塗り

ブラシ塗りとは、アニメ塗りをベースにして、ブラシツールによりグラデーションになるように塗っていく手法です。影やハイライトにグラデーション表現やぼかし表現が多用されています。
アニメ塗りに比べると鮮やかで、色数が多い仕上がりになります。

シンプルな塗りなので、使うブラシ次第で個性を演出できますし、手軽に高級感が出せるのでおすすめの塗り方です。

ブラシ塗りの手順

影をグラデーションにする

ブラシ塗り

影を入れる工程まではアニメ塗りと同じです。
そこから影をグラデーションにしていきます。
エアブラシや、透明水彩ブラシを使って、透明色を選択し、色を抜いていきます。

ブラシ塗りのコツ

ブラシ塗り ブラシ塗り

ブラシ塗りのコツは、影の色が均一にならないようにするのがポイントです。
髪の毛などの動きのあるパーツでは筆の質感を残すように塗っていきます。

また、物体との近くに出来た影は、影がしっかりできるため、ぼかしません。
離れている物体から落ちた影はぼかしていくと、影にもメリハリがつきます。

ブラシ塗りメイキング

アニメ塗りとブラシ塗りの違いについて確認しました。
続いて、ぷきゅのすけ先生「ボカして脱・素人感!ブラシ塗り講座」より、ブラシ塗りの詳しいメイキングをご紹介していきます。

色塗りの手順

ブラシ塗り

実際に塗っていく際に基本となる手順です。すべてこのやり方で塗っていきます。

  • 影を置く
    影をぼかすかぼかさないかは、物体と影の距離で決めていきます。
    物体から遠い影はぼかし、物体から近い影はぼかしません。
  • 質感を足す
    下塗りにさらにうっすらと色を置いて質感を表現し、情報量をアップします。
    特に布の塗りには重要です。
  • 影にも色を塗る
    影の上にも少し薄い色を置きます。影の塗りと地の色が馴染み、綺麗に見えます。
  • 下塗りをする

    ブラシ塗り
    まずはパーツごとに下塗りをしました。
    今回は画面の右上から光が当たっているイメージで塗っていきます。

    肌の塗り方

    ブラシ塗り

    まずはアニメ塗りで影を入れます。
    肌の下塗りレイヤーに通常レイヤーをクリッピングします。
    可愛い系のイラストには薄いピンク色で影を入れましょう。
    影の部分をブラシの透明色でぼかしていきます。

    ブラシ塗り

    頬やまぶたに赤味を入れてニュアンスを加えていきます。
    そこからさらに、顔の下半分にオレンジで影を入れ、稜線をぼかします。
    レイヤーの不透明度を10%ほどに下げ、なじませます。
    このようにすることで、平面感は損なわずに顔の立体感を出すことができます。

    ブラシ塗り

    顔の塗りが完成しました。

    髪の毛の塗り方

    ブラシ塗り

    下塗りしたレイヤーに新規通常レイヤーをクリッピングします。
    光源を意識して、影になる部分をざっくりと塗っていきます。さらに奥まっている部分に濃い影を入れます。

    ブラシ塗り

    顔のまわりに柔らかさを出すため、透けたような前髪にしていきます。
    前髪のレイヤーの上に通常レイヤーを追加、クリッピングをして前髪の部分に肌色を入れていきます。
    不透明度を10%ほどに下げると前髪の軽やかさ、透け感を自然に表現できます。

    髪の毛のハイライト

    ブラシ塗り

    通常レイヤーにエアブラシで白くハイライトのベースを塗ります。

    ブラシ塗り

    毛束を意識しながらランダムになるように消しゴムで削ります。
    さらにハイライトの下の部分を、髪の毛の流れを意識しながらぼかしていきます。

    ハイライトのレイヤーの下に通常レイヤーを作成し、濃い黄色でハイライトの影を入れます。
    不透明度を30%に下げ、なじませます。

    ブラシ塗り

    前髪の塗りは完成です。同様に他の髪も塗っていきます。

    服の塗り方

    ブラシ塗り

    服も他のパーツと同様に塗っていきます。面積が広いところから塗るとバランスが取りやすくなります。

    ブラシ塗り

    影の上に通常レイヤーを作成し、影に色を塗ります。
    縁のあたりを残して塗ったあと、不透明度を下げて、影の情報量を増やします。今回は不透明度を26%にしました。

    布に質感を入れる

    ブラシ塗り ブラシ塗り

    脇腹の部分など、薄いグラデーションを入れて布の質感を表現します。

    白い布の塗り方

    ブラシ塗り

    白いエプロンの影は薄い紫を使って塗っていきます。青い服なので、青で影を塗るとメリハリがなくなってしまいます。
    また、白だからと言って影色に灰色を置いてしまうと、全体的にくすみ、可愛い雰囲気が損なわれてしまいます。
    全体のバランスを見ながら合う色を入れていきましょう。

    線画の色変え

    全体を塗り終えたら、線画の色変えを行ないます。
    ブラシ塗りにおいて特に重要な、クオリティを上げる工程です。
    線画は影の一番濃い色の影としてとらえ、まわりの色になじませつつ、きちんと形状がわかるように意識して仕上げをします。

    肌と瞳

    ブラシ塗り

    新規通常レイヤーを作成し、肌の線画にクリッピングをします。
    肌の線画には、血色がよく見えるように赤茶色を入れていきます。

    更に瞳の線画にも新規通常レイヤーをクリッピングをし、目頭と目尻に彩度の高い赤を入れましょう。
    濃すぎる場合は透明度で調整します。今回は50%程度にしました。

    他のパーツも同様に線画の色を変えてなじませます。
    服の線画は、今回は暗い青にしました。

    ブラシ塗り

    髪の毛の線画の色変えも、やり方は同じです。
    遠くにあるものは存在感を薄くするようにより馴染む色にすると、絵に前後感が出て動きがでます。 また、顔周りの色は少し茶色にすると肌色ともなじみます。

    ブラシ塗り ブラシ塗り

    完成です!

    ブラシ塗りをもっと詳しく動画で解説!7日間の無料お試し視聴もあります

    パルミーの月謝制講座では、ブラシ塗りの手順をさらに詳しくご紹介しています。

    ブラシ塗り

    クリスタ入門講座 カラーイラスト編


    乃樹坂くしお先生による「クリスタ入門講座 カラーイラスト編」では、クリスタを使ったデジタルでの色塗りを詳細に解説しています。

    • デジタルが初めての方でも学びやすい
    • クリスタの基本操作
    • アニメ塗りの詳細なメイキング
    • ブラシ塗りの詳細なメイキング
    • 作例イラストやカスタムブラシのデータのダウンロード


    ブラシ塗り

    ボカして脱・素人感!ブラシ塗り講座

    ぷきゅのすけ先生「ボカして脱・素人感!ブラシ塗り講座」では、ブラシ塗りのメイキングを実演しながらを詳細に解説しています。

    • 高級感を出すブラシ塗りのポイント
    • 瞳の描き方
    • 髪の毛の動きや透け感
    • こもののメイキング
    • 作例のデータがDLでき、レイヤー構造や塗り方を詳細に見ることができる

    無料お試しでは、これらの講座をはじめとする全180以上の講座が全部視聴出来ます!
    パルミーの月謝制詳細についてはこちらから!

    初心者から絵師デビュー!

    【初心者歓迎】自宅でイラストが学べるオンライン教室。わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速!【7日間の無料お試し実施中】

    詳細はコチラ!

    book-icon
    おすすめ月謝制講座

    「ブラシ塗り」とは、デジタルイラストのアニメ塗りをベースにした塗り方です。
    キャラクターの塗りなど、様々なイラストにおいてプロの現場でも使われています。

    この講座では、乃樹坂くしお先生「クリスタ入門講座 カラーイラスト編」、ぷきゅのすけ先生「ボカして脱・素人感!ブラシ塗り講座」の両イラストレーターの先生によるパルミー月謝制講座より一部抜粋してご紹介します。
    CLIP STUDIOでの解説となりますが、同様の機能を持った画像ソフトであれば応用することが可能です。

    カラーを始めてみたいデジタルイラスト初心者の方から、塗りのクオリティを上げたい、レベルアップしたい方まで必見の講座です!

    ブラシ塗りの知識

    そもそもブラシ塗りとはなんでしょうか。
    ブラシ塗りとは、影やハイライトの輪郭がはっきりしたアニメ塗りをベースにして、ブラシを使いグラデーションになるように表現を加えた塗り方のことです。

    まずは、乃樹坂くしお先生「クリスタ入門講座 カラーイラスト編」より、アニメ塗りとブラシ塗りについてご紹介します。

    アニメ塗りの手順

    下塗り

    ブラシ塗り

    線画を描いたら、肌、髪、服など、パーツごとに分けて下塗りをします。
    塗り残しがないように、レイヤーの重なりを考えながら塗っていきます。

    下塗りのポイント

    ブラシ塗り

    下塗りは、塗り残しがないようにするのがポイントです。
    レイヤーが下にくる部分をはみだすように塗ることで、塗り残しがなくなります。
    特に線画の下は塗り残しが発生しやすいので注意しましょう。

    影を入れていく

    ブラシ塗り

    下塗りが終わったら影を塗っていきます。

    • 下塗りレイヤーの上に乗算レイヤーを作成
    • クリッピング
    すべてこのようなレイヤー構造で行ないます。

    ブラシ塗り

    バケツツールとGペンツールのみを使用し、特別なブラシは使用しません。

    どこに光が当たり影が落ちるのか意識しながら塗るのがポイントです。今回は左上から光が当たっているイメージで塗っています。

    ブラシ塗り

    ブラシ塗りとは

    ブラシ塗り

    ブラシ塗りとは、アニメ塗りをベースにして、ブラシツールによりグラデーションになるように塗っていく手法です。影やハイライトにグラデーション表現やぼかし表現が多用されています。
    アニメ塗りに比べると鮮やかで、色数が多い仕上がりになります。

    シンプルな塗りなので、使うブラシ次第で個性を演出できますし、手軽に高級感が出せるのでおすすめの塗り方です。

    ブラシ塗りの手順

    影をグラデーションにする

    ブラシ塗り

    影を入れる工程まではアニメ塗りと同じです。
    そこから影をグラデーションにしていきます。
    エアブラシや、透明水彩ブラシを使って、透明色を選択し、色を抜いていきます。

    ブラシ塗りのコツ

    ブラシ塗り ブラシ塗り

    ブラシ塗りのコツは、影の色が均一にならないようにするのがポイントです。
    髪の毛などの動きのあるパーツでは筆の質感を残すように塗っていきます。

    また、物体との近くに出来た影は、影がしっかりできるため、ぼかしません。
    離れている物体から落ちた影はぼかしていくと、影にもメリハリがつきます。

    ブラシ塗りメイキング

    アニメ塗りとブラシ塗りの違いについて確認しました。
    続いて、ぷきゅのすけ先生「ボカして脱・素人感!ブラシ塗り講座」より、ブラシ塗りの詳しいメイキングをご紹介していきます。

    色塗りの手順

    ブラシ塗り

    実際に塗っていく際に基本となる手順です。すべてこのやり方で塗っていきます。

  • 影を置く
    影をぼかすかぼかさないかは、物体と影の距離で決めていきます。
    物体から遠い影はぼかし、物体から近い影はぼかしません。
  • 質感を足す
    下塗りにさらにうっすらと色を置いて質感を表現し、情報量をアップします。
    特に布の塗りには重要です。
  • 影にも色を塗る
    影の上にも少し薄い色を置きます。影の塗りと地の色が馴染み、綺麗に見えます。
  • 下塗りをする

    ブラシ塗り
    まずはパーツごとに下塗りをしました。
    今回は画面の右上から光が当たっているイメージで塗っていきます。

    肌の塗り方

    ブラシ塗り

    まずはアニメ塗りで影を入れます。
    肌の下塗りレイヤーに通常レイヤーをクリッピングします。
    可愛い系のイラストには薄いピンク色で影を入れましょう。
    影の部分をブラシの透明色でぼかしていきます。

    ブラシ塗り

    頬やまぶたに赤味を入れてニュアンスを加えていきます。
    そこからさらに、顔の下半分にオレンジで影を入れ、稜線をぼかします。
    レイヤーの不透明度を10%ほどに下げ、なじませます。
    このようにすることで、平面感は損なわずに顔の立体感を出すことができます。

    ブラシ塗り

    顔の塗りが完成しました。

    髪の毛の塗り方

    ブラシ塗り

    下塗りしたレイヤーに新規通常レイヤーをクリッピングします。
    光源を意識して、影になる部分をざっくりと塗っていきます。さらに奥まっている部分に濃い影を入れます。

    ブラシ塗り

    顔のまわりに柔らかさを出すため、透けたような前髪にしていきます。
    前髪のレイヤーの上に通常レイヤーを追加、クリッピングをして前髪の部分に肌色を入れていきます。
    不透明度を10%ほどに下げると前髪の軽やかさ、透け感を自然に表現できます。

    髪の毛のハイライト

    ブラシ塗り

    通常レイヤーにエアブラシで白くハイライトのベースを塗ります。

    ブラシ塗り

    毛束を意識しながらランダムになるように消しゴムで削ります。
    さらにハイライトの下の部分を、髪の毛の流れを意識しながらぼかしていきます。

    ハイライトのレイヤーの下に通常レイヤーを作成し、濃い黄色でハイライトの影を入れます。
    不透明度を30%に下げ、なじませます。

    ブラシ塗り

    前髪の塗りは完成です。同様に他の髪も塗っていきます。

    服の塗り方

    ブラシ塗り

    服も他のパーツと同様に塗っていきます。面積が広いところから塗るとバランスが取りやすくなります。

    ブラシ塗り

    影の上に通常レイヤーを作成し、影に色を塗ります。
    縁のあたりを残して塗ったあと、不透明度を下げて、影の情報量を増やします。今回は不透明度を26%にしました。

    布に質感を入れる

    ブラシ塗り ブラシ塗り

    脇腹の部分など、薄いグラデーションを入れて布の質感を表現します。

    白い布の塗り方

    ブラシ塗り

    白いエプロンの影は薄い紫を使って塗っていきます。青い服なので、青で影を塗るとメリハリがなくなってしまいます。
    また、白だからと言って影色に灰色を置いてしまうと、全体的にくすみ、可愛い雰囲気が損なわれてしまいます。
    全体のバランスを見ながら合う色を入れていきましょう。

    線画の色変え

    全体を塗り終えたら、線画の色変えを行ないます。
    ブラシ塗りにおいて特に重要な、クオリティを上げる工程です。
    線画は影の一番濃い色の影としてとらえ、まわりの色になじませつつ、きちんと形状がわかるように意識して仕上げをします。

    肌と瞳

    ブラシ塗り

    新規通常レイヤーを作成し、肌の線画にクリッピングをします。
    肌の線画には、血色がよく見えるように赤茶色を入れていきます。

    更に瞳の線画にも新規通常レイヤーをクリッピングをし、目頭と目尻に彩度の高い赤を入れましょう。
    濃すぎる場合は透明度で調整します。今回は50%程度にしました。

    他のパーツも同様に線画の色を変えてなじませます。
    服の線画は、今回は暗い青にしました。

    ブラシ塗り

    髪の毛の線画の色変えも、やり方は同じです。
    遠くにあるものは存在感を薄くするようにより馴染む色にすると、絵に前後感が出て動きがでます。 また、顔周りの色は少し茶色にすると肌色ともなじみます。

    ブラシ塗り ブラシ塗り

    完成です!

    ブラシ塗りをもっと詳しく動画で解説!7日間の無料お試し視聴もあります

    パルミーの月謝制講座では、ブラシ塗りの手順をさらに詳しくご紹介しています。

    ブラシ塗り

    クリスタ入門講座 カラーイラスト編


    乃樹坂くしお先生による「クリスタ入門講座 カラーイラスト編」では、クリスタを使ったデジタルでの色塗りを詳細に解説しています。

    • デジタルが初めての方でも学びやすい
    • クリスタの基本操作
    • アニメ塗りの詳細なメイキング
    • ブラシ塗りの詳細なメイキング
    • 作例イラストやカスタムブラシのデータのダウンロード


    ブラシ塗り

    ボカして脱・素人感!ブラシ塗り講座

    ぷきゅのすけ先生「ボカして脱・素人感!ブラシ塗り講座」では、ブラシ塗りのメイキングを実演しながらを詳細に解説しています。

    • 高級感を出すブラシ塗りのポイント
    • 瞳の描き方
    • 髪の毛の動きや透け感
    • こもののメイキング
    • 作例のデータがDLでき、レイヤー構造や塗り方を詳細に見ることができる

    無料お試しでは、これらの講座をはじめとする全180以上の講座が全部視聴出来ます!
    パルミーの月謝制詳細についてはこちらから!

    初心者から絵師デビュー!

    厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの描き方を解説!わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速【7日間の無料お試し実施中】

    詳細はコチラ!

    イラレポを投稿しよう

    book-icon
    おすすめ講座