イラストやマンガの描き方が学べるオンライン教室

コピックの塗り方実演!イラストのコツをつかもう

コピックを使用したアナログ絵のメイキング

優羅ありささんによるコピックでのイラストメイキングです。このイラストの使用画材はほぼコピックのみで行いますが、カラーインクや色鉛筆も使用しています。

コピックでイラスト彩色

肌を塗る

まずはコピックを使って肌を塗っていきます。
目の粗い紙(ザラザラ・凸凹)を使う場合、インクが染みる量が多いので素早く塗っていきます。
全面に塗らずに、光にあたる部分は残して影になる部分だけを塗っていきます。
ベースが塗れたら少し濃い色でより深い影を塗ります。
こちらもムラができないよう手早く塗っていきます。

コピックでの顔の塗り方
上半身の肌の塗り方

細かい箇所は、薄い色の場合ははみ出しをあまり気にせず塗り進めていきます。

腕や細かい箇所の塗り方
お腹の塗り方
太ももの塗り方

女の子の肌を塗る色はピンクがかったものにしますが、今回は男の子なので黄みがかった肌色にしていきます。
色が濃く感じたらコピックの0番(カラーレスブレンダー)を使って薄めましょう。

カラーレスブレンダ―を使ってなじませる
お腹もコピック0番でなじませる

クリスタの使い方が基本から学べる!

ペイントソフト「クリスタ」の使い方を学ぶ初心者歓迎の授業。7日間の無料お試し実施中!

詳細はコチラ!

髪を塗る

髪は白髪に近く青みがかった色のイメージなのでクールグレーシリーズ(C00番~C10番)を使います。

白髪の塗り方3段階

薄い青も足していきます。

グレーだけではなくアクセントに水色を混ぜる

ここでもコピック0番を使い、ムラにならないようなじませます。

髪の毛もカラーレスブレンダ―を使ってなじませる

光が当たる部分はグレーの濃い色ではなく、青やブルーグリーンを重ねて変化を出します。
髪の毛のベースが濃い色の方が変化がつけやすいのですが、今回は白髪イメージなので濃すぎないように気を付けます。

白い部分に青系を足してアクセントに

リボンを塗る

服のリボン部分は黒に近い濃い色から薄い色へ持ち替えてグラデーションを表現します。

今回は0番は使わない方が無難です。濃い色に0番を使ってしまうと広がりすぎるのでコントロールがしにくい点が理由ですが、わざとそのような効果を狙う時はそのかぎりではありません。

狭い部分を塗る時まずは濃い色から塗っていく

範囲が狭い所を塗るときはグラデーションの段階は細かくしません。
このイラストではC08番からC04番と番数を飛ばして塗っています。

コピックでリボンを塗る グラデーションの段階はほぼ2段階

光のあたる部分にブルーグレイを混ぜて単調にならないようにします。
ベースに青系を使っているのでここも同系色の選択です。
コピックを集める時にグレー系を揃えておくと様々な色に合わせやすいのでお勧めです。

髪の毛にも使った同系色をチョイス

服を塗る

白い服をイメージして薄いグレーで色を付けていきます。
肌の時同様、影になる部分に色をのせて、光のあたる部分は残します。
同じ色を使うので、花の影も同時につけていきます。味付けとして薄紫色も重ねます。

白い服を塗る

さらにウォームグレーの1番(W01)で影に深みをつけます。
金属部分のベースにもなる色なのでそこにも彩色します。

服の影を塗る

塗り残しに気付いたので、ムラなくそこを塗ります。

服の塗り残しを塗る

以上で第一部は終了です。動画では、さらに詳しく解説を行っているので記事よかったら見てみてくださいね。
また、続きの第2部はこちらです。ぜひチェックしてみてください!

先生プロフィール

teacher.teacher_name

優羅ありさ

アナログ絵描きです。コピック・カラーインク・色鉛筆などで着色してます。少年・少女・青年のオリジナルファンタジーを描くのが好きです。キャラクター重視で描いています。版権は雑食。恋愛・ギャグも描きます。

おすすめプレミアム講座

すべて見る >
チャプター
お手本
STEP.1

肌を塗る

人物の肌を影になる部分から塗っていきます
STEP.2

髪を塗る

髪を青みがかったグレーで塗っていきます
STEP.3

リボンを塗る

リボンの部分を暗めの色で塗っていきます
STEP.4

服を塗る

服を薄めのグレーで塗っていきます