ありがとう!利用者数200万人突破!
会員登録をしてPamieをもっと楽しもう!
最短20秒で無料登録完了!

クリスタルや宝石の描き方講座:イラストやアニメの背景の描き方 [Ari先生Vol.17]

この講座はAri先生による背景イラストの描き方講座です。イラストやアニメなどで必要な背景の描き方について解説しています。この回ではクリスタルや宝石の描き方について解説していきます。講座の内容はガラスや氷の描き方にも応用できますよ。

イラレポ
  • STEP.1 形

    Play button l
    クリスタルの形を描いていきます。
  • STEP.2 陰影

    Play button l
    光が当たっている部分を描いていきます。
  • STEP.3 描写

    Play button l
    細かい部分を描き込んでいきます。
  • STEP.4 発光

    Play button l
    エアブラシで光を描いていきます。

この講座の内容

キャラクターは描けるけど、背景や自然物を描くのはちょっと苦手...
そんな方にピッタリな『Ariの背景イラストシリーズ講座』の第17回は、クリスタルの描き方について解説していきます。
ガラスや宝石、水などにも応用の効く描き方なので、是非マスターしましょう!


クリスタルを描く ~ラフから完成まで~1

STEP1: クリスタルの形を描く

はじめに、クリスタルの形を描きます。
下のイラストが私の思い描くクリスタルですが、特徴としてカットがいろいろと入っているため、光が様々な方向に反射する点が挙げられます。

クリスタルの形を描く

上で描いた形を元に、『なげなわツール』を用いて形を描き、水色で塗りつぶします。
色は何でも良いですが、今回は水晶をイメージしたので水色で塗りつぶしています。

水色で塗りつぶす

この下地に作画をしていきます。
『ハードラウンド』のツールを用いて、どのあたりが光っているかをイメージしながら白で形を取っていきます。
この時に、クリスタルのカットがどのように入っているかをイメージすることが重要です。

クリスタルのカットをイメージする

初心者歓迎!背景の基礎をしっかり身につける

背景イラストを描いてみたいけど、パースやアイレベルの知識がわからなくて踏み出せない...という初心者の方や基礎を改めて学びたい方にオススメです!

詳細はコチラ!
詳細はコチラ!

STEP2: 陰影を描く

次に暗い色を取って、中に暗い色を置いていきます。
光が入りにくい内部に関して特に暗い色を配置すると、よりクリスタルらしく見えるでしょう。

内部に暗い色を置く

STEP3: 細かい部分を描写する

影を置いたら、次は細かい部分の描写を行います。
細かい描写をする際は、下のイラストのような一般的な宝石をイメージするとわかりやすいと思います。
光源に近い位置が明るいので白を配置し、またカットの部分も明るくします。また光は透過して、何度も屈折して表面に出てくるので、よりリアルに描きたい場合は屈折する点に白を配置して描くと良いでしょう。

細かい部分を描写する

元のイラストに戻って、エッジの輪郭がぼんやりしているところを修正していきます。
エッジの部分をなげなわツールを用いて囲み、ソフトエアブラシを用いてエッジの輪郭を沿うように塗っていきます。

エッジの輪郭を描く

他の部分もエッジが立つように、同様の作業をしていきます。
今回は形が少し崩れてしまっているので、実際に描く際には形の取り方に注意してくださいね!

他の部分も輪郭を描く

STEP4: 光を描く

最後に、今回描いたクリスタルに光を入れて完成させます。
まず背景の色を変えて、光らせたい色をソフトエアブラシで置きます。

クリスタルに光を入れる

次に色を白に変えて、頂点部分に小さな点を置くことで、中心から光っている様子を表現できます。
また、クリスタルの周囲にも光を描くことで、クリスタル全体が光っているように見せることができます。

頂点部分に光を置く

事前に描いた完成イラストが下のものです。
この描き方は氷やガラスなどにも応用できるので、是非一度描いてみてくださいね!

クリスタルの完成イラスト

以上で、「Ariの背景イラストシリーズ講座 Vol.17 : クリスタルの描き方」は終了です。動画講座では、さらに詳しく解説を行っているので記事よりも理解しやすくなっています。
また、Ariさんの講座の続編はAriの背景イラストシリーズ講座 Vol.18 : 水の描き方(その1) です。
是非チェックしてみてくださいね!

イラレポ

先生プロフィール

Ari
背景イラストレーターのariと申します。 主にゲーム、映像、雑誌等の背景、風景イラスト制作を行っています。 本講座が何かの参考になれば幸いです。 それでは、よろしくお願いします。

この講座の制作環境

OS:Mac OS X 10.6
ソフト:Photoshop CS4
ペンタブ:Wacom Intuos4