会員登録をしてPamieをもっと楽しもう!
最短20秒で無料登録完了!

光の描き方講座:イラストやアニメの背景の描き方 [Ari先生Vol.16]

この講座はAri先生による背景イラストの描き方講座です。イラストやアニメなどで必要な背景の描き方について解説しています。この回では光の描き方についてメイキングを交えて解説していきます。

イラレポ
  • STEP.1 レイヤーの解説

    Play button l
    レイヤーの解説をします。
  • STEP.2 パースの解説の補足

    Play button l
    パースのかかった円の見え方の解説をします。
  • STEP.3 明かりのある室内の解説

    Play button l
    明かりのある室内の設定について解説します。
  • STEP.4 室内の光の描写

    Play button l
    レイヤーを使った室内の光の描き方を解説します。
  • STEP.5 数種類のレイヤーの解説

    Play button l
    よく使用するレイヤーモードの解説をします。

この講座の内容

キャラクターは描けるけど、背景や自然物を描くのはちょっと苦手...
そんな方にピッタリな『Ariの背景イラストシリーズ講座』の第16回は、光の描き方について解説していきます。
背景を表現する上で重要な光の描き方を習得しましょう!


光を描く上で重要なポイント

STEP1: レイヤーの解説

まず、レイヤーの描画モードについて解説します。
描画モードは、下の画面右側の『レイヤー』のウインドウにある『通常』のところにカーソルを合わせると、レイヤーの描画モードを設定することができます。
この中に『乗算』『スクリーン』『オーバーレイ』等が含まれています。

レイヤーの描画モード

レイヤーを合成する時に、非常に役に立つ機能なのでここで理解しておきましょう!
詳しい解説に移る前に、パースに関して補足の説明をします。

STEP2: パースに関する補足解説

下のイラストの横方向に引いている線を『アイレベル』とした時、アイレベルより上にある物は底が見え、逆に下にある物は天井が見えます。
同様に円を描く場合について考えます。

アイレベルを引く

円の場合には、下のイラストのようにアイレベルから離れるに連れて丸みを帯びてきます。
つまり、アイレベル上にあるものは直線的に見え、上下に移動するに連れて見える面積が増えます。
パースのかかった円を描くことは、コップを描く際などにも応用することができます。

パースのかかった円を描く

STEP3: 明かりのある室内の解説

まず、下のイラストのような四方を壁に囲まれた室内を描きます。
この天井にライトがあって、そこから生じる光の様子を表現していきます。

室内の明かりを描く

下のイラストの中で黒線で囲っている部分のように、壁の隅の方は暗い影を置くことで区切りがわかりやすくなり、よりリアルに表現することができます。

壁の隅に影を置く

次にライトを配置します。
ライトの描き方は、STEP2で解説したようにパースのかかった円を描くことで表現することができます。

ライトを置く

さらに、ライトの台座の部分の影を描くことでよりリアルに見せることができます。

ライトの台座に影を描く

初心者歓迎!背景の基礎をしっかり身につける

背景イラストを描いてみたいけど、パースやアイレベルの知識がわからなくて踏み出せない...そんな方はぜひ瀬尾先生の背景講座で基礎をマスターしてみませんか?

詳細はコチラ!
詳細はコチラ!

光を描く

STEP4: 室内の光の描写

まず光がどのように当たっているのかを考えます。
今回のように照明を置いている部屋では、下の写真のように放射線状に光が当たります。

光を描く

光の当たる部分をエアブラシを用いて塗っていきます。
この時、壁の側面だけでなく、奥側や照明の周辺にも光を描いています。

エアブラシで光を表現する

上で描いた光はかなり強く描かれているので、ここでSTEP1で解説したレイヤーの描画モードを用います。
レイヤーを『通常』から『ソフトライト』に変更すると、下のイラストのように光を弱くすることができます。

レイヤーを変更する

ここで『オーバーレイ』のレイヤーを重ねると下のように、光を強く表現することができます。
光の強さは『不透明度』を変更することで、微調整できます。

不透明度を調整する

STEP5: 数種類のレイヤーの解説

私がレイヤー描画モードの中でよく使うものを下にまとめました。
是非参考にして、光を描く際に使ってみてくださいね!

各レイヤーの使い方

以上で、「Ariの背景イラストシリーズ講座 Vol.16 : 光の描き方」は終了です。
動画講座では、さらに詳しく解説を行っているので記事よりも理解しやすくなっています。また、Ariさんの講座の続編はAriの背景イラストシリーズ講座 Vol.17:クリスタルの描き方 です。
是非チェックしてみてくださいね!

イラレポ

先生プロフィール

Ari
背景イラストレーターのariと申します。 主にゲーム、映像、雑誌等の背景、風景イラスト制作を行っています。 本講座が何かの参考になれば幸いです。 それでは、よろしくお願いします。

この講座の制作環境

OS:Mac OS X 10.6
ソフト:Photoshop CS4
ペンタブ:Wacom Intuos4

この講座のイラレポ

レイヤーを意識して室内の光の描き方を描いてみましょう!

イラレポ投稿