会員登録をしてPamieをもっと楽しもう!
最短20秒で無料登録完了!

颯田直斗先生によるペンタブを使用した漫画の描き方講座!

漫画家 颯田直斗先生によるデジタルでの漫画制作メイキングです。ペンタブを使用して漫画の原稿を描いていく様子を収録した講座です。
作者:颯田直斗 提供元:CLIP STUDIO PAINT

  • STEP.1 フキダシの作成

    Play button l
    漫画のフキダシを描いていきます。
  • STEP.2 キャラクターへのペン入れ

    Play button l
    キャラクターにペン入れしていきます。
  • STEP.3 トーンかけ

    Play button l
    トーン部分をペンで描き仕上げていきます
  • STEP.4 完成

    Play button l
    原稿の完成です!

この講座の内容

「巫女と科学の嘘八百万」などでお馴染みの漫画家・イラストレーターの颯田直斗先生による講座です。漫画の原稿をペン入れから仕上げるまでの様子を収録しています


CLIP STUDIO PAINTのご紹介

颯田直斗先生も使用している定番イラストソフトのCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)を使ってイラストを描いてみませんか?


マンガ家の颯田先生がデジタルでのマンガの描き方を実演

この講座では現役のマンガ家 颯田先生がワコムのペンタブレットを使用してデジタルでマンガを描いていく様子を紹介しています。アナログから離れ、ペンタブでの漫画の描き方を知りたい方必見の講座です。
颯田先生は巫女・刀剣・武道・工学を題材に作家活動をされており、自作の左手デバイスで制作されているのも1つの特徴です。

颯田直斗先生のプロフィール

動画はラフの状態からスタートして仕上げまでを収録しています。フキダシの位置もラフの状態で決めています。

デジタル漫画の原稿ラフ

ペン入れをして線画を完成させていきます。デジタルでもアナログ原稿と同様の工程で制作が進んでいきます。

デジタルでのペン入れ

ベタを入れていきます。

デジタルでベタを入れる

最終的にはこのような原稿ができあがります。ぜひプロの漫画家の制作課程を動画で見てみてくださいね!

デジタルの漫画原稿
イラレポ

この講座の制作環境

ソフト:CLIP STUDIO PAINT EX
ペンタブ:VAIO® Z Canvas