pen-iconpen-icon初心者も歓迎の厚塗り講座!赤ずきんと不思議の国のアリスを描く

厚塗りをやってみたいけど、どう描けばいいのかいまいち分からない…
そんな方や厚塗り初心者の方は、赤ずきんと不思議の国のアリスをモチーフに厚塗りのメイキングを行うこの厚塗り講座がオススメ。厚塗りのコツを掴んでみましょう!


厚塗り講座:構図とラフ

はじめに描く内容を決めます。
今回は、赤ずきんとアリスの二人の女の子をイメージしました。赤と青が綺麗に入るようにしたいと思います。
内容が決まったら、次に構図を決めていきます。二人が背中合わせで座っている様子にしました。
まず、全体的なアタリをつけていきます。

イラストの構図を決める

アタリが出来たら線画でラフを描きます。
今回は厚塗りを行っていくので、線画のブラッシュアップは行いません。

赤ずきんとアリスのラフ

短期集中でイラストを仕上げる!

全5回の短期集中授業!ラフから仕上げまでを解説する初心者歓迎のイラスト上達プログラム

詳細はコチラ!

厚塗り講座:背景

ラフが出来たらキャラクターに入る前にある程度、背景に色を塗ります。
キャラクターを目立たせるために、背景にはあえて手を入れません。画面上の真っ白はリアルな世界では、一番明るい色になります。
つまり、光になりますが、キャラクターが光の中にいるというのはリアルではありません。下のようにグレーに塗ることで、リアルな雰囲気を出すことができます。

キャラの背景を描く

厚塗り講座:カラーラフ

キャラクターに色をのせていきます。
先ほど描いたラフをアタリとして、各パーツの色を置きます。
この時に選ぶ色ですが、なるべく暗く、彩度の低い色を選びます。あとで、上から明るい色をのせていくことで、立体感を出すためです。

赤ずきんとアリスに色を塗る

厚塗り講座:立体感を演出する

カラーラフが出来たら光源を意識して、立体感をつけていきます。
ここでは大まかに色を置きますが、なるべく様々な色を置いておくと、出来上がりの印象が良くなります。

赤ずきんとアリスの厚塗り

厚塗り講座:ディテールを描く

立体感がある程度できたところで、線画と塗りを合成します。線画と塗りを合成することで、ディテールを細かく描くことができます。
各パーツの素材感や色の境目がはっきりするように描いていくと、全体がしまっていき、見栄えの良い絵になります。
また、この段階の作業は一番時間がかかります。

厚塗りで赤ずきんのイラストを描く 厚塗り赤ずきんの頬が赤い

厚塗り講座:ライト・調整

【高木先生のキャラクターデザイン講座】

高木先生のキャラクターデザイン講座

Photoshopに持って行き、ライトが当たっている感じを出していきます。
オーバーレイで色味を足し、明るい部分と暗い部分に色幅を持たせます。

アリスにハイライトを入れる

より明るい場所にはスクリーンを使います。

不思議の国のアリスを描く

逆に影が足らない部分には、乗算で暗い色を置いていきます。
全てにおいてですが、なるべく色を置くことが大切です。

赤ずきんを描く

最後にカラーバランスで明暗の色を置き、完成です!

赤ずきんと不思議の国のアリス

以上で、「初心者も歓迎の厚塗り講座!赤ずきんと不思議の国のアリスを描く」は終了です。
また動画講座では実際に描いていきながら解説を行っていますので、記事よりも更に理解しやすくなっています。ぜひチェックしてみてくださいね!



初心者から絵師デビュー!

【初心者歓迎】自宅でイラストが学べるオンライン教室。わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速!【7日間の無料お試し実施中】

詳細はコチラ!

book-icon
おすすめ月謝制講座


イラレポ
投稿完了

厚塗りをやってみたいけど、どう描けばいいのかいまいち分からない…
そんな方や厚塗り初心者の方は、赤ずきんと不思議の国のアリスをモチーフに厚塗りのメイキングを行うこの厚塗り講座がオススメ。厚塗りのコツを掴んでみましょう!


厚塗り講座:構図とラフ

はじめに描く内容を決めます。
今回は、赤ずきんとアリスの二人の女の子をイメージしました。赤と青が綺麗に入るようにしたいと思います。
内容が決まったら、次に構図を決めていきます。二人が背中合わせで座っている様子にしました。
まず、全体的なアタリをつけていきます。

イラストの構図を決める

アタリが出来たら線画でラフを描きます。
今回は厚塗りを行っていくので、線画のブラッシュアップは行いません。

赤ずきんとアリスのラフ

短期集中でイラストを仕上げる!

全5回の短期集中授業!ラフから仕上げまでを解説する初心者歓迎のイラスト上達プログラム

詳細はコチラ!

厚塗り講座:背景

ラフが出来たらキャラクターに入る前にある程度、背景に色を塗ります。
キャラクターを目立たせるために、背景にはあえて手を入れません。画面上の真っ白はリアルな世界では、一番明るい色になります。
つまり、光になりますが、キャラクターが光の中にいるというのはリアルではありません。下のようにグレーに塗ることで、リアルな雰囲気を出すことができます。

キャラの背景を描く

厚塗り講座:カラーラフ

キャラクターに色をのせていきます。
先ほど描いたラフをアタリとして、各パーツの色を置きます。
この時に選ぶ色ですが、なるべく暗く、彩度の低い色を選びます。あとで、上から明るい色をのせていくことで、立体感を出すためです。

赤ずきんとアリスに色を塗る

厚塗り講座:立体感を演出する

カラーラフが出来たら光源を意識して、立体感をつけていきます。
ここでは大まかに色を置きますが、なるべく様々な色を置いておくと、出来上がりの印象が良くなります。

赤ずきんとアリスの厚塗り

厚塗り講座:ディテールを描く

立体感がある程度できたところで、線画と塗りを合成します。線画と塗りを合成することで、ディテールを細かく描くことができます。
各パーツの素材感や色の境目がはっきりするように描いていくと、全体がしまっていき、見栄えの良い絵になります。
また、この段階の作業は一番時間がかかります。

厚塗りで赤ずきんのイラストを描く 厚塗り赤ずきんの頬が赤い

厚塗り講座:ライト・調整

【高木先生のキャラクターデザイン講座】

高木先生のキャラクターデザイン講座

Photoshopに持って行き、ライトが当たっている感じを出していきます。
オーバーレイで色味を足し、明るい部分と暗い部分に色幅を持たせます。

アリスにハイライトを入れる

より明るい場所にはスクリーンを使います。

不思議の国のアリスを描く

逆に影が足らない部分には、乗算で暗い色を置いていきます。
全てにおいてですが、なるべく色を置くことが大切です。

赤ずきんを描く

最後にカラーバランスで明暗の色を置き、完成です!

赤ずきんと不思議の国のアリス

以上で、「初心者も歓迎の厚塗り講座!赤ずきんと不思議の国のアリスを描く」は終了です。
また動画講座では実際に描いていきながら解説を行っていますので、記事よりも更に理解しやすくなっています。ぜひチェックしてみてくださいね!



初心者から絵師デビュー!

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの描き方を解説!わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速【7日間の無料お試し実施中】

詳細はコチラ!

teacher-icon

高木正文

厚塗りとお酒が好きです。普段はゲームのアートディレクションをしたりイラストを描いてます。あと呑んでます。 「ドラッグオンドラグーン3」「ファイナルファンタジー零式」「エルシャダイ」作ってました。 よろしくお願いします!

この講座の制作環境

OS:windows7
ソフト:CLIP STUDIO PAINT PRO,PhotoshopCS5
タブレット:Intuos3

イラレポを投稿しよう

厚塗りで赤ずきんやアリスを描いてみましょう!


book-icon
おすすめ講座


この講座の制作環境

OS:windows7
ソフト:CLIP STUDIO PAINT PRO,PhotoshopCS5
タブレット:Intuos3

イラレポを投稿しよう

厚塗りで赤ずきんやアリスを描いてみましょう!


イラレポ
投稿完了


teacher-icon

高木正文

厚塗りとお酒が好きです。普段はゲームのアートディレクションをしたりイラストを描いてます。あと呑んでます。 「ドラッグオンドラグーン3」「ファイナルファンタジー零式」「エルシャダイ」作ってました。 よろしくお願いします!