会員登録をしてPamieをもっと楽しもう!
最短20秒で無料登録完了!

キャラクターを彩る花の描き方講座 〜簡単に花のイラストを描く方法〜

キャラクターを彩る花の描き方を4つのSTEPで解説する講座です。人物は描けても背景などが苦手だという方、気軽にキャラクターを彩る花を描いてみませんか?

イラレポ
  • STEP.1 花の「あたり」を描く

    Play button l
    描きたいものの形を理解し、簡単な図形で表現する
  • STEP.2 ラフを描く

    Play button l
    アタリを目安に詳しく描きこんでいく
  • STEP.3 花びらの多い複雑な花を描く

    Play button l
    1段目、2段目と段階をわけて描いていく
  • STEP.4 葉っぱを描く

    Play button l
    付箋を「あたり」に利用する

この講座の内容

人物は描けても背景や静物画は苦手だという方、気軽にキャラクターを彩るを描いてみませんか?
えるぅさんの「キャラクターを彩る花の描き方講座」を見て、簡単に綺麗な花を描く方法をマスターしましょう!


【お知らせ】初心者からプロを目指す!キャラクターイラストコース
顔の描き方から服、ポーズまでキャラクターイラストに必要なスキルをマスター!

初心者からプロを目指すキャラクターイラストコース

花のアタリを描く

下書きをせずに花を描くのは難しいため、描きたい花の形を理解し、簡単な図形で表すアタリを描きます。
食器の形は花の形に似ているので、食器をアタリとして考える方法で花を描いていきましょう!


身近な食器で花のアタリをとろう!

アタリを描くための新規レイヤーを作成し、わかりやすい色のペンで描きます。
左のお皿は、マーガレットやガーベラのような平たい花のアタリ。
真ん中のお椀はアネモネやポピーのような丸みのある花のアタリ。
右にあるグラスの形の食器は、ゆりやチューリップのようなラッパの形のアタリに利用します。

食器は身近にあって便利なので、手元に置きながら描いてみましょう。

食器で花のアタリをとる

食器の中心に一本の線を描くと、花のバランスを見るときや茎を描くときの目安に役立ちます。
アタリは花を描くときの目安になればいいので綺麗に描く必要はありません。

食器の中心に一本の線を描く

ブラシツールを使うのが苦手な方は、ベクターツールを使ってもよいでしょう。

ベクターツールを使う

食器を使って花のラフを描く

アタリのレイヤーを薄くし、ラフを描いていきます。
アタリを目安にして、花びら・雌しべ・雄しべを描いていきます。
描きたい花をよく観察したり、本やインターネットで調べて、雄しべ・雌しべの形や、花びらの枚数・成り立ちを描きましょう。

花びら・雌しべ・雄しべを描く

もう一工夫として、ラフを参考に花びらをいびつにしていきます。
少しいびつにすることで自然な花に見えます。

花びらをいびつにする

花びらの多い複雑な花を描く

八重咲きの花はこのアタリを使って描きます。

八重咲きの花のラフ

一段目(青)、二段目(緑)、三段目(橙)と段階を分けて描くと、ボリュームのある花が出来上がります。
花の重なりを意識しながら描くと綺麗に描けます。

花びらの多い複雑な花

また、花びらの形も、手前にあるか奥にあるかで異なります。

たくさんの花びら

ここからは初心者の方がいきなり描きはじめてもそれなりに見栄えのするバラの描き方を紹介していきます。


バラを描く

楕円を描き、その中に「A」を逆さに描き、その周りに平たい三角形をくっつけていきます。

バラのアタリをとる

これをひねったり、ひらひらとした形で描き、花びらの形に見えるよう調整していきます。

バラの花びらを描く

横から見たバラを描くときは、まずしずくの形を描き、たけのこのように「人」の字を回転させたような線を描いていきます。

横から見たバラ

先ほどの正面のバラと同様に、周りに三角形をつけていきます。

三角系の花びらを描く

最後に花びらの形に修正して完成になります。

バラの花びらを修正

もっとリアルに書くためには、先ほどのバラを描く方法と食器のアタリを組み合わせて描きます。
お椀を目安に中心から簡単にバラを描く方法で、本物を参考にして描いていきましょう。

バラを描く方法

このアタリを使って、丸みを意識しながら、バランスをとりつつ描いてみましょう。

バランスをとりつつ描く

植物の葉っぱを描く

手順は花と一緒です。アタリは付箋をイメージした紙を使います。
手元で葉のようなカーブをつけ、いろいろな角度から観察して描きます。

アタリは付箋のイメージ

このようなアタリから、ラフを描いていきます。

アタリから葉のラフを描く

葉っぱを目安に付箋の中心に線を入れて描くと、バランスが取りやすいです。

葉のバランスを描く

更に写真を見つつ、葉の脈などを書き込んで、最後に色を付けて完成です。

葉の脈などを書き込む

以上で、「キャラクターを彩る花の描き方講座」は終了です。
動画講座では実際に描いていきながら解説を行っていますので、記事よりも更に理解しやすくなっています。ぜひチェックしてみてくださいね!


【お知らせ】初心者からプロを目指す!キャラクターイラストコース
顔の描き方から服、ポーズまでキャラクターイラストに必要なスキルをマスター!

初心者からプロを目指すキャラクターイラストコース

イラレポ

先生プロフィール

えるぅ

お手本イラスト

この講座の制作環境

OS:Windows
ソフト:Photoshop

この講座のイラレポ