会員登録をしてPamieをもっと楽しもう!
最短20秒で無料登録完了!

アオリとフカンの体の描き方講座!全身の立ち絵を簡単に描く方法

アオリとフカンといった構図で人体を簡単に描く講座です。煽りと俯瞰でキャラの体を描きたい方にコツを解説しています。全身の立ち絵を描く際に参考にしてみてください。

イラレポ
  • STEP.1 正面からの視点で描く

    Play button l
    正面からの立ち絵イラストを描きます。
  • STEP.2 画像変形(アオリ)

    Play button l
    画像変形によってアオリのイラストを描きます。
  • STEP.3 形を整える(アオリ)

    Play button l
    画像変形で作ったアオリのイラストに肉付けをして形を整えます。
  • STEP.4 画像変形(フカン)

    Play button l
    画像変形によってフカンのイラストを描きます。
  • STEP.5 形を整える(フカン)

    Play button l
    画像変形で作ったフカンのイラストに肉付けをして形を整えます。

この講座の内容

煽り俯瞰の構図でキャラクターのを描く時に、苦手意識がなかなか消えない...
こういった悩みを持っている方は意外と多くいらっしゃるかもしれません。
この講座では、アオリフカンの構図で簡単に全身の立ち姿を描く方法を解説している講座です。お絵かき初心者の方もぜひチャレンジしてみてください。


体を正面からの視点で描く!

正面から人物を描く

使用するペイントソフトはSAIです。
はじめに、正面からの立ち絵イラストを制作します。このイラストをもとに、自由変形ツール等を使用してアオリやフカンの構図を描いていきます。
今回は八頭身の男性立ち絵を描いていきますが、ここでは用意した骨組みを使用しています。立ち絵やその他イラストを描く際は、棒人間のようなものを準備すると良いでしょう。

棒人間で体のアタリをとる

まず、肉付けをして立ち絵の素体になるものを作ります。
今回の立ち絵の頭身バランスですが、下の写真のように上半身、下半身が1:1になるバランスで描いています。

上半身と下半身の比率

今回は、少し筋肉のある男性の素体にしました。
下の写真のように、ある程度素体が出来たら左右反転しバランスを調整します。これで元になる立ち絵素体が完成です。

男性の素体

アオリの構図で体を描く!

煽りの構図で長方形を作成

今回のアオリ構図は、足の接地面を目線の高さに合わせています。
変形する際には、枠があるととても便利なので枠を最初に描画します。本来パースをとるべきですが、今回は下の写真のように適当にアオリに見えそうな枠を描いています。
上の辺を下の辺より小さく、そして、斜め下がりにするとアオリに見える枠ができます。あまりに差をつけてしまうと極端になり、バランスが取りづらいので若干小さくする程度が良いでしょう。

長方形を若干小さくする

これで枠ができました。次に、元になる素体のレイヤーをコピーし、コピーしたレイヤーを変形していきます。
コピーしたレイヤーを枠に合わせることで、下の写真のように変形が完了します。

素体を変形する

次は体の出ている場所、へこんでいる場所を考えていきます。
下の写真では、赤丸が出ているところ、青丸がへこんでいるところを指しています。最初のうちは想像ではわかりづらいと思うので、画像を検索したり、自分を鏡に写してみると理解しやすいでしょう。
画面向かって左足の大腿部に赤で細くまるをつけた部分ですが、少し膝を曲げていて、大腿部が下腿部より出ていることがわかりやすいように印をつけています。

人体の凹凸を理解する

次に、立体の基準となる長方形を当たり程度に描きます。本来ならばパースが必要ですが、なんとなく見上げている形に描画しています。
今回は下の写真のような長方形を作成しました。

立体の基準となる長方形を描く

【お知らせ】初心者からプロを目指す!キャラクターイラストコース
顔の描き方から服、ポーズまでキャラクターイラストに必要なスキルをマスター!

初心者からプロを目指すキャラクターイラストコース

アオリの構図の体型を整える

身体に肉付けする

アオリ構図の体型を描く

肉付けをするときは、キャラクターの形を円柱や長方形などで単純に捉え、下の写真のように見上げているような形をイメージするのがポイントです。

身体に肉付けする

今回は素体のアタリなしに描いていますが、胴体であれば画像の通りのパターンで描画することができます。
下の写真の青線は元画像のラインです。赤線はそれに立体をつけたものです。これら三つのパターンのうち、今回はAのパターンで描画していますが、自分がイメージして書きやすいパターンで描画を試してみてください。

胴体を描く

この後、体を整える時に最初に胸につけた赤丸を意識して少しだけ胸板の厚みをつけます。
横からの体の画像を検索して見ると、少しだけ胸板に厚みがあることがわかると思います。

胸板の厚みを描く

足の部分に関しては下の写真の通り、向かって右の足はまっすぐ重心がかかっているので、胴体と同じようにAのパターンで描画します。最初に青丸の印をつけた部分の左足は、少しだけ引いたように見せる描画をすると元画像に前後の動きをつけることが出来ます。

足に重心がかかる

ここでは元画像を基準に立体をつけていますが、基準にし過ぎると不自然な場合もあります。その際は、画像を検索したり、自分を鏡に写してみるとより自然に制作できると思います。
これで素体は完成です。

煽り構図の素体の完成

アオリの構図でのラフ作成

ラフを作成する際は、服を描くときに肉付けでイメージした形を壊さないように、形にそってシワなどを付けるのがポイントです。
記事では詳細を省略しますが、今回は以下の写真のようなラフを完成させました。

アオリの構図でラフを描く

アオリに見えるコツとしては、頭より、足を大きく、また大腿部の長さを下腿部より長くする点がポイントです。その後、ラフを整え、線画したものが下の写真です。

頭より足を大きく書く

フカンの構図で体を描く

フカンの構図で画像を変形する

次は俯瞰の構図です。
まずは、アオリと同様に枠を描きます。上の辺を下の辺より大きく、そして上の辺よりも下の辺を斜め下がりにするとフカンに見える枠ができます。
今回は、以下の写真のような枠を作成しました。

俯瞰で描く長方形

次に、元になる素体のレイヤーをコピーし、コピーしたレイヤーを完成させた枠に合わせて変形していきます。
これで変形が完了です。

長方形に人体を当て込む

次に、アオリと同様に出ている場所、凹んでいる場所に印を付けます。赤丸が出ているところ、青丸が凹んでいるところです。
アオリと同様の理由で、画面向かって左足に自分がわかりやすいように赤丸をつけていますが、これも特に描画しなくても大丈夫です。

体の凹凸を描く

次に、長方形を作ります。これも形は適当で構いません。下の写真のように、適当に見下ろした形に描画します。

フカンの長方形に人体を描く

フカンの構図の体型を整える

フカン構図の体型を整える

次に、体に肉付けをしていきます。
肉付けをするときは、アオリと同様に、キャラクターの形を円柱や長方形などで単純に捉え、フカンに関しては、見下ろしているような形をイメージするのがコツです。

フカンの体に肉付けする

アオリ同様にアタリなしで書いていますが、胴体はアオリ同様に画像の通りのパターンで書くことができます。その後の形の整え方、足の描き方もアオリ同様の考え方で描いているので説明は省略します。
素体完成後、ラフ・線画を終えたものが下の写真です。フカンに見えるコツとしては、足より、頭を大きく、また胴体の長さを下半身より長くする点がポイントです。

俯瞰の構図の体が完成

以上で「アオリとフカンの構図の簡単な描き方講座」は終了です。
動画講座では細かい工程を解説していますので、記事よりもさらに理解しやすくなっています。ぜひチェックしてみてくださいね!



【お知らせ】初心者からプロを目指す!キャラクターイラストコース
顔の描き方から服、ポーズまでキャラクターイラストに必要なスキルをマスター!

初心者からプロを目指すキャラクターイラストコース

イラレポ

先生プロフィール

YUKARI
イラストレーターのYUKARIと申します。厚塗りイラスト、乙女ゲームイラスト、ファンタジーイラストを主に制作しています。 ゲーム、小説、フグ飼育が趣味です。最近ハリセンボンを飼育しはじめました。現在20㎝ほどに育っていてこれからが楽しみです!,

お手本イラスト

この講座の制作環境

OS:windows7
使用ソフト:SAI
ペンタブ:Intuos4

この講座のイラレポ

アオリとフカンの構図でそれぞれキャラクターを描いてみましょう!

イラレポ投稿