pen-iconpen-iconペンタブのおすすめ製品を紹介!国内メーカー『ワコム』の液タブ・板タブが人気&安心

イラスト制作用のペンタブレット(ペンタブ)は、どこのメーカーの製品を買えばよいのだろう?

ペンタブには安価な製品からプロ向けのものまで、様々なシリーズが販売されています。
値段やサイズ、性能を検討して、自分に合ったペンタブを購入したいですね。

今回は、パルミー月謝制講座「ペンタブの選び方&活用法ミニ講座」より、内容を一部抜粋してご紹介します。
ペンタブの種類やおすすめ製品を見ていきましょう。

ペンタブの種類

ペン型のデバイスを使ってPCに入力できるペンタブは、デジタルイラストの制作には欠かせない道具です。
ペンタブには、大きく分けて「液タブ」と「板タブ」の2種類があります。

液タブ

液タブ

液タブは、液晶画面と入力装置が一体化しているペンタブのことです。
専用のペンを使って、液晶画面に直接絵を描くことができます。

  • 板タブと比べて高価な製品が多い
  • アナログで絵を描く感覚に似ている

板タブ

液タブ

板タブは、入力装置のみのペンタブのことです。
液タブでは液晶画面を見ながら絵を描くことができましたが、板タブはPCモニターを見ながら手を動かす必要があります。

  • 液タブと比べて安価な製品が多い
  • 手元ではなく、前方のPCモニターを見ながら絵を描く

ファンクションキーがあると便利

ペンタブ本体には、ファンクションキーと呼ばれるボタンが付いている製品があります。
ファンクションキーにはペイントソフトのショートカットを割り当てることができ、作業時間の短縮に便利です。

イラスト制作でショートカットキーを多用する方は、ファンクションキーの有無や個数を確認しておきましょう。

同様に、付属のペンにもサイドスイッチと呼ばれるボタンが付いており、ショートカットを割り当てることができます。

全身がスラスラ描けるようになる!?

【初心者歓迎】超人気のジェスチャードローイング講座が公開中!わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速!【7日間の無料お試し実施中】

詳細はコチラ!

おすすめのペンタブメーカーは『ワコム』

日本のメーカー『ワコム』は販売モデルが幅広く、サポートも安心

日本のメーカーのワコムは、イラスト初心者向けのエントリーモデルからプロ向けのハイエンドモデルまで、様々な種類の液タブ・板タブを販売しています。

また、ワコムは、製品を購入した後のサポートも良いことで評判です。
ペンタブの中には高価な製品もあるため、サポートがしっかりしているメーカーを選んでおくと安心です。

お得な特典が付いてくるワコム製ペンタブ

ワコム製のペンタブを購入すると、お絵描きソフトの期間限定ライセンスや、イラストの描き方が学べるパルミーの無料体験セットなど、お得な特典がもらえます。
これからイラスト制作を始めようと思っていらっしゃる方は、付属のソフトウェア・特典もぜひ試してみてください。

※ワコム製ペンタブの付属ソフトウェア・特典の詳細は、こちらのページでご確認ください。

おすすめのペンタブを7つ紹介

①Wacom One 液晶ペンタブレット 13

Wacom One 液晶ペンタブレット 13

「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」は、ワコムの液タブの中で最も安価な製品です。
初めて液タブを購入する方は、価格の安いWacom Oneを試してみるのもオススメです。

Wacom OneはPCだけではなく、Android端末にも対応しており、スマホ・タブレットでも液タブを使ってお絵描きができます。

②Wacom Cintiq 16

Wacom Cintiq 16

「Wacom Cintiq 16」は、お絵描き初心者からプロまで、幅広い層にオススメの液タブです。
13インチだと画面が狭いと感じる方は、16インチのWacom Cintiqの購入を検討してみてください。

付属ペンのWacom Pro Pen2は、筆圧を繊細に感知することができ、2つのサイドスイッチが付いています。

③Wacom Cintiq 22

Wacom Cintiq 22

「Wacom Cintiq 22」は、大型の割には値段がお手頃な液タブです。
Wacom Cintiq 16よりも更に画面が広くなり、伸び伸びとイラスト制作ができます。

Wacom Cintiq 22の横幅は570mmで、画面が広い反面、作業スペースも必要になってきます。
購入前には、液タブの置き場所やキーボードのスペースを確保しておきましょう。

④Wacom Cintiq Proシリーズ

Wacom Cintiq Proシリーズ

「Wacom Cintiq Proシリーズ」は、プロのクリエイター向けのハイエンドモデルの液タブです。
最大で4kの解像度で表示することができ、液晶画面の発色も鮮やかです。

過去にも様々なサイズが販売されていましたが、2023年の現在、公式のWacomストアで購入できるのは、Wacom Cintiq Pro 16、Wacom Cintiq Pro 24、Wacom Cintiq Pro 27の3種類です。

⑤Wacom MobileStudio Proシリーズ

Wacom MobileStudio Proシリーズ

「Wacom MobileStudio Proシリーズ」は、ハイエンドモデルのWacom Cintiq ProにWindows OSを内蔵した、PCと液タブが一体化した製品です。
好きな場所に持ち運んで絵を描くことができ、別のPCと接続すれば液タブとして使うことも可能です。

これからPCと液タブを購入しようと思っていらっしゃる方は、Wacom MobileStudio ProのようなタブレットPCも候補に入れてみてください。

⑥Wacom Intuos S/M

Wacom Intuos S/M

「Wacom Intuos S/M」は、安価でコンパクトな板タブです。
とにかく安いペンタブを購入したい方や、板タブの描き心地を試してみたい方は、Wacom Intuosから始めてみるのがよいと思います。

お試し用のお絵かきソフトも付属しているので、これからデジタルイラストを始める方にもオススメです。

⑦Wacom Intuos Proシリーズ

Wacom Intuos Proシリーズ

「Wacom Intuos Proシリーズ」は板タブの高性能モデルで、S・M・Lの3つのサイズが販売されています。
Intuos Proシリーズは、Intuosシリーズよりもファンクションキーの数が増え、タッチホイールも追加されています。

付属のペンには、液タブのWacom Cintiqシリーズと同じWacom Pro Pen 2を採用しており、繊細な描き心地を実現しています。

ペンタブの選び方&活用法ミニ講座をもっと詳しく動画で解説!7日間の無料お試しで視聴しよう!

パルミーの月謝制講座「ペンタブの選び方&活用法ミニ講座」では、より詳しい製品紹介に加えて、液タブの実機を用いたサイズ比較や、ペンタブのセットアップ方法・使い方も解説しています。

ペンタブの選び方&活用法ミニ講座

ペンタブの選び方&活用法ミニ講座

実際にペンタブを使用している様子を動画で見ることができますので、ぜひご視聴ください。

無料お試しでは、この講座をはじめとする200以上の講座が全部視聴できます!
パルミーの月謝制講座の詳細についてはこちらから!

初心者から絵師デビュー!

【初心者歓迎】自宅でイラストが学べるオンライン教室。わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速!【7日間の無料お試し実施中】

詳細はコチラ!

book-icon
おすすめ月謝制講座

イラスト制作用のペンタブレット(ペンタブ)は、どこのメーカーの製品を買えばよいのだろう?

ペンタブには安価な製品からプロ向けのものまで、様々なシリーズが販売されています。
値段やサイズ、性能を検討して、自分に合ったペンタブを購入したいですね。

今回は、パルミー月謝制講座「ペンタブの選び方&活用法ミニ講座」より、内容を一部抜粋してご紹介します。
ペンタブの種類やおすすめ製品を見ていきましょう。

ペンタブの種類

ペン型のデバイスを使ってPCに入力できるペンタブは、デジタルイラストの制作には欠かせない道具です。
ペンタブには、大きく分けて「液タブ」と「板タブ」の2種類があります。

液タブ

液タブ

液タブは、液晶画面と入力装置が一体化しているペンタブのことです。
専用のペンを使って、液晶画面に直接絵を描くことができます。

  • 板タブと比べて高価な製品が多い
  • アナログで絵を描く感覚に似ている

板タブ

液タブ

板タブは、入力装置のみのペンタブのことです。
液タブでは液晶画面を見ながら絵を描くことができましたが、板タブはPCモニターを見ながら手を動かす必要があります。

  • 液タブと比べて安価な製品が多い
  • 手元ではなく、前方のPCモニターを見ながら絵を描く

ファンクションキーがあると便利

ペンタブ本体には、ファンクションキーと呼ばれるボタンが付いている製品があります。
ファンクションキーにはペイントソフトのショートカットを割り当てることができ、作業時間の短縮に便利です。

イラスト制作でショートカットキーを多用する方は、ファンクションキーの有無や個数を確認しておきましょう。

同様に、付属のペンにもサイドスイッチと呼ばれるボタンが付いており、ショートカットを割り当てることができます。

全身がスラスラ描けるようになる!?

【初心者歓迎】超人気のジェスチャードローイング講座が公開中!わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速!【7日間の無料お試し実施中】

詳細はコチラ!

おすすめのペンタブメーカーは『ワコム』

日本のメーカー『ワコム』は販売モデルが幅広く、サポートも安心

日本のメーカーのワコムは、イラスト初心者向けのエントリーモデルからプロ向けのハイエンドモデルまで、様々な種類の液タブ・板タブを販売しています。

また、ワコムは、製品を購入した後のサポートも良いことで評判です。
ペンタブの中には高価な製品もあるため、サポートがしっかりしているメーカーを選んでおくと安心です。

お得な特典が付いてくるワコム製ペンタブ

ワコム製のペンタブを購入すると、お絵描きソフトの期間限定ライセンスや、イラストの描き方が学べるパルミーの無料体験セットなど、お得な特典がもらえます。
これからイラスト制作を始めようと思っていらっしゃる方は、付属のソフトウェア・特典もぜひ試してみてください。

※ワコム製ペンタブの付属ソフトウェア・特典の詳細は、こちらのページでご確認ください。

おすすめのペンタブを7つ紹介

①Wacom One 液晶ペンタブレット 13

Wacom One 液晶ペンタブレット 13

「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」は、ワコムの液タブの中で最も安価な製品です。
初めて液タブを購入する方は、価格の安いWacom Oneを試してみるのもオススメです。

Wacom OneはPCだけではなく、Android端末にも対応しており、スマホ・タブレットでも液タブを使ってお絵描きができます。

②Wacom Cintiq 16

Wacom Cintiq 16

「Wacom Cintiq 16」は、お絵描き初心者からプロまで、幅広い層にオススメの液タブです。
13インチだと画面が狭いと感じる方は、16インチのWacom Cintiqの購入を検討してみてください。

付属ペンのWacom Pro Pen2は、筆圧を繊細に感知することができ、2つのサイドスイッチが付いています。

③Wacom Cintiq 22

Wacom Cintiq 22

「Wacom Cintiq 22」は、大型の割には値段がお手頃な液タブです。
Wacom Cintiq 16よりも更に画面が広くなり、伸び伸びとイラスト制作ができます。

Wacom Cintiq 22の横幅は570mmで、画面が広い反面、作業スペースも必要になってきます。
購入前には、液タブの置き場所やキーボードのスペースを確保しておきましょう。

④Wacom Cintiq Proシリーズ

Wacom Cintiq Proシリーズ

「Wacom Cintiq Proシリーズ」は、プロのクリエイター向けのハイエンドモデルの液タブです。
最大で4kの解像度で表示することができ、液晶画面の発色も鮮やかです。

過去にも様々なサイズが販売されていましたが、2023年の現在、公式のWacomストアで購入できるのは、Wacom Cintiq Pro 16、Wacom Cintiq Pro 24、Wacom Cintiq Pro 27の3種類です。

⑤Wacom MobileStudio Proシリーズ

Wacom MobileStudio Proシリーズ

「Wacom MobileStudio Proシリーズ」は、ハイエンドモデルのWacom Cintiq ProにWindows OSを内蔵した、PCと液タブが一体化した製品です。
好きな場所に持ち運んで絵を描くことができ、別のPCと接続すれば液タブとして使うことも可能です。

これからPCと液タブを購入しようと思っていらっしゃる方は、Wacom MobileStudio ProのようなタブレットPCも候補に入れてみてください。

⑥Wacom Intuos S/M

Wacom Intuos S/M

「Wacom Intuos S/M」は、安価でコンパクトな板タブです。
とにかく安いペンタブを購入したい方や、板タブの描き心地を試してみたい方は、Wacom Intuosから始めてみるのがよいと思います。

お試し用のお絵かきソフトも付属しているので、これからデジタルイラストを始める方にもオススメです。

⑦Wacom Intuos Proシリーズ

Wacom Intuos Proシリーズ

「Wacom Intuos Proシリーズ」は板タブの高性能モデルで、S・M・Lの3つのサイズが販売されています。
Intuos Proシリーズは、Intuosシリーズよりもファンクションキーの数が増え、タッチホイールも追加されています。

付属のペンには、液タブのWacom Cintiqシリーズと同じWacom Pro Pen 2を採用しており、繊細な描き心地を実現しています。

ペンタブの選び方&活用法ミニ講座をもっと詳しく動画で解説!7日間の無料お試しで視聴しよう!

パルミーの月謝制講座「ペンタブの選び方&活用法ミニ講座」では、より詳しい製品紹介に加えて、液タブの実機を用いたサイズ比較や、ペンタブのセットアップ方法・使い方も解説しています。

ペンタブの選び方&活用法ミニ講座

ペンタブの選び方&活用法ミニ講座

実際にペンタブを使用している様子を動画で見ることができますので、ぜひご視聴ください。

無料お試しでは、この講座をはじめとする200以上の講座が全部視聴できます!
パルミーの月謝制講座の詳細についてはこちらから!

初心者から絵師デビュー!

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの描き方を解説!わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速【7日間の無料お試し実施中】

詳細はコチラ!

イラレポを投稿しよう

book-icon
おすすめ講座