pen-iconpen-icon【イラスト上達法】身体を描くのが苦手ならジェスチャードローイングを始めよう。やり方やコツを紹介!

キャラクターイラストがなかなか上達しない……。
そんな方には、短時間で練習量をこなせる「ジェスチャードローイング」がオススメです。

ジェスチャードローイングの練習を習慣化することにより、全身の絵を描くことへの抵抗が無くなり、キャラクターも描きやすくなります。

今回は、砂糖ふくろう先生による、パルミー月謝制講座「はじめてのジェスチャードローイング【ヌード編】」より、内容を一部抜粋してご紹介します。
イラストの上達にオススメの練習方法、ジェスチャードローイングのやり方やコツを見ていきましょう。

ジェスチャードローイングとは何か?

印象を捉えるためのジェスチャードローイング

叫ぶ男性のジェスチャードローイング

ジェスチャードローイングとは、モデルの印象を表現するドローイングのことです。
人物のモデル・写真のポーズを見て感じた印象を、短い時間で紙に描いていきます。

ジェスチャードローイングの例

モデルを見たままに描くのではなく、「ポーズを見て感じた印象を描く」ことがジェスチャードローイングのポイントです。

ジェスチャードローイングの例①

両腕を前に突き出す男性のジェスチャードローイング

上のジェスチャードローイングの例では、両腕を前に突き出す際の上半身の勢いを、より印象的に表現しています。

ジェスチャードローイングの例②

柔らかい動きの男性のジェスチャードローイング

上のジェスチャードローイングの例では、全身の曲線の流れを捉えて、緩く柔らかい印象でモデルを描いています。

実際のモデルと輪郭が異なってもよいので、ポーズを見て感じた印象を描きましょう。

魅力的な男性ボディをマスター!

【初心者歓迎】パルミーで徹底解説中。わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速!【7日間の無料お試し実施中】

詳細はコチラ!

ジェスチャードローイングの効果・メリット

ジェスチャードローイングの練習を重ねることで様々なメリットがあります。

  • 全身を描くことが当たり前になる
  • 「推し」に好きなポージングをさせられる
  • 描くことのハードルが下がる

ジャスチャードローイングの練習では、人物の全身を繰り返し描くことになります。
ジャスチャードローイングを習慣化することで、全身を描くことへの苦手意識を克服することができます。

ジェスチャードローイングのメリット

また、全身の描き方と同時に、様々なポーズの描き方も覚えることができます。
推しのキャラクターを思い浮かべたポーズで描けるようになるのも魅力的ですね。

ジャスチャードローイングはモデル1体につき費やす時間は数分と、気軽にできる練習方法です。
失敗してもよいという気構えで量をこなすことで、絵を描くことのハードルも自然に下がってきます。

ジェスチャードローイングのやり方

道具の用意

ジェスチャードローイングをするためのペンや用紙は、何を使っても構いません。

アナログの環境ではスケッチブックを使ったり、デジタルの環境ではiPadや液タブを使ったり、普段使用している道具でジェスチャードローイングを始めましょう。

ジェスチャードローイングをやってみよう

ジェスチャードローイングを実践①

ジェスチャードローイングの実践1

砂糖ふくろう先生は、普段はスケッチブックと色鉛筆でジェスチャードローイングをやっていますが、今回は画面を見やすくするためにiPadを使用しています。

制限時間を2分に設定して、人物モデルの印象を捉えていきます。

人体ドローイングなので、椅子は描かなくても問題ありません。

ジェスチャードローイングを実践②

ジェスチャードローイングの実践2

カメラのような大きい物を支えている印象で描いています。
胴体から足先までの流れを捉えて表現してみてください。

消しゴムは使わない方が、線の流れを覚えることができます。
うまくいかなかった場合は、新しく描き直しましょう。

ジェスチャードローイングを実践③

ジェスチャードローイングの実践3

見たままを描くのではなく、感じた印象を捉えて表現するのがジェスチャードローイングです。

上のジェスチャードローイングの例では、傘を抱えている人物の全身の反り具合が強調されていますね。

絵を上達させるための描き方

最初は1〜2分で単純化した素体を描く

1、2分で描く

まずは、人物モデル1体につき1〜2分で、シンプルな素体の絵で描いていきましょう。
人物モデルを単純化して、全体の動きや体の流れといった印象を捉えます。

1分ドローイングでは、10体のモデルで練習をしても10分しかかかりません。
「1分だし」という感覚で、失敗を気にせずに気楽に進めていきましょう。

服を着たキャラクター

素体に慣れてくると、服を着たキャラクターも簡単に描けるようになります。

素体の描き方

素体の描き方

頭・あばら・骨盤を、立体的な球体として捉えます。

頭とあばらの間は、頭1個分空けます。
また、あばらと骨盤の間も、頭1個分空けます。
前屈みの姿勢のときなど、あばらと骨盤が重なるときは、間を空けません。

肉付けをする

単純化した素体を描くことに慣れてきたら、肉付けをしましょう。
素体が描ければキャラクターも描けるようになります。

頭1個分空ける理由

あばらと骨盤の間を頭1個分空ける理由は、間に接続部が入るからです。

また、頭とあばらの間には、首が入ります。

人体の比率

人体の比率

人体の比率を大まかに覚えておくと、ジェスチャードローイングの際にも人物が描きやすくなります。

胴体の長さを「1」とすると、脚の長さが「1」です。
また、太ももの付け根から膝までが「1」に対して、膝から足首までの長さも「1」です。

腕や脚はストレッチできる円柱、と覚えておきましょう。

表現力を身につけるために

ジェスチャードローイング の実践4

更に、ジェスチャードローイングのポイントの学習と実践を交互に繰り返し、人物の表現力を身につけていきます。

はじめてのジェスチャードローイング講座をもっと詳しく動画で解説!7日間の無料お試しで視聴しよう!

パルミーの月謝制講座「はじめてのジェスチャードローイング【ヌード編】」では、ジェスチャードローイングの実演を動画で見ることができ、人物モデルを表現するためのテクニックを習得できます。

はじめてのジェスチャードローイング【ヌード編】

はじめてのジェスチャードローイング【ヌード編】

  • 絵を上達させるための考え方
  • 「モデルの線」をワンストロークで捉える方法
  • 絵を動詞で表現する方法
  • 「C・S・I(曲線と直線)」を使って印象を捉える方法
  • 感じた印象を強く描く「PUSH(誇張)」

授業は1日目から7日目まであり、日にち別にテーマを持ってジェスチャードローイングに取り組みます。

パルミーの月謝制講座では、他にも様々なジェスチャードローイング の講座を視聴することができます。

はじめてのジェスチャードローイング【衣服編】

はじめてのジェスチャードローイング【衣服編】

「はじめてのジェスチャードローイング【衣服編】」では、服のシワの特性を覚えた後に、着衣の人物をモデルにして練習を行います。

ジェスチャードローイングの熟練者である砂糖ふくろう先生の考え方を学んで、イラストの上達に役立ててみてください。

無料お試しでは、これらの講座をはじめとする200以上の講座が全部視聴できます!
パルミーの月謝制講座の詳細についてはこちらから!

初心者から絵師デビュー!

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの描き方を解説!わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速【7日間の無料お試し実施中】

詳細はコチラ!

book-icon
おすすめ月謝制講座

キャラクターイラストがなかなか上達しない……。
そんな方には、短時間で練習量をこなせる「ジェスチャードローイング」がオススメです。

ジェスチャードローイングの練習を習慣化することにより、全身の絵を描くことへの抵抗が無くなり、キャラクターも描きやすくなります。

今回は、砂糖ふくろう先生による、パルミー月謝制講座「はじめてのジェスチャードローイング【ヌード編】」より、内容を一部抜粋してご紹介します。
イラストの上達にオススメの練習方法、ジェスチャードローイングのやり方やコツを見ていきましょう。

ジェスチャードローイングとは何か?

印象を捉えるためのジェスチャードローイング

叫ぶ男性のジェスチャードローイング

ジェスチャードローイングとは、モデルの印象を表現するドローイングのことです。
人物のモデル・写真のポーズを見て感じた印象を、短い時間で紙に描いていきます。

ジェスチャードローイングの例

モデルを見たままに描くのではなく、「ポーズを見て感じた印象を描く」ことがジェスチャードローイングのポイントです。

ジェスチャードローイングの例①

両腕を前に突き出す男性のジェスチャードローイング

上のジェスチャードローイングの例では、両腕を前に突き出す際の上半身の勢いを、より印象的に表現しています。

ジェスチャードローイングの例②

柔らかい動きの男性のジェスチャードローイング

上のジェスチャードローイングの例では、全身の曲線の流れを捉えて、緩く柔らかい印象でモデルを描いています。

実際のモデルと輪郭が異なってもよいので、ポーズを見て感じた印象を描きましょう。

全身がスラスラ描けるようになる!?

【初心者歓迎】超人気のジェスチャードローイング講座が公開中!わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速!【7日間の無料お試し実施中】

詳細はコチラ!

ジェスチャードローイングの効果・メリット

ジェスチャードローイングの練習を重ねることで様々なメリットがあります。

  • 全身を描くことが当たり前になる
  • 「推し」に好きなポージングをさせられる
  • 描くことのハードルが下がる

ジャスチャードローイングの練習では、人物の全身を繰り返し描くことになります。
ジャスチャードローイングを習慣化することで、全身を描くことへの苦手意識を克服することができます。

ジェスチャードローイングのメリット

また、全身の描き方と同時に、様々なポーズの描き方も覚えることができます。
推しのキャラクターを思い浮かべたポーズで描けるようになるのも魅力的ですね。

ジャスチャードローイングはモデル1体につき費やす時間は数分と、気軽にできる練習方法です。
失敗してもよいという気構えで量をこなすことで、絵を描くことのハードルも自然に下がってきます。

ジェスチャードローイングのやり方

道具の用意

ジェスチャードローイングをするためのペンや用紙は、何を使っても構いません。

アナログの環境ではスケッチブックを使ったり、デジタルの環境ではiPadや液タブを使ったり、普段使用している道具でジェスチャードローイングを始めましょう。

ジェスチャードローイングをやってみよう

ジェスチャードローイングを実践①

ジェスチャードローイングの実践1

砂糖ふくろう先生は、普段はスケッチブックと色鉛筆でジェスチャードローイングをやっていますが、今回は画面を見やすくするためにiPadを使用しています。

制限時間を2分に設定して、人物モデルの印象を捉えていきます。

人体ドローイングなので、椅子は描かなくても問題ありません。

ジェスチャードローイングを実践②

ジェスチャードローイングの実践2

カメラのような大きい物を支えている印象で描いています。
胴体から足先までの流れを捉えて表現してみてください。

消しゴムは使わない方が、線の流れを覚えることができます。
うまくいかなかった場合は、新しく描き直しましょう。

ジェスチャードローイングを実践③

ジェスチャードローイングの実践3

見たままを描くのではなく、感じた印象を捉えて表現するのがジェスチャードローイングです。

上のジェスチャードローイングの例では、傘を抱えている人物の全身の反り具合が強調されていますね。

絵を上達させるための描き方

最初は1〜2分で単純化した素体を描く

1、2分で描く

まずは、人物モデル1体につき1〜2分で、シンプルな素体の絵で描いていきましょう。
人物モデルを単純化して、全体の動きや体の流れといった印象を捉えます。

1分ドローイングでは、10体のモデルで練習をしても10分しかかかりません。
「1分だし」という感覚で、失敗を気にせずに気楽に進めていきましょう。

服を着たキャラクター

素体に慣れてくると、服を着たキャラクターも簡単に描けるようになります。

素体の描き方

素体の描き方

頭・あばら・骨盤を、立体的な球体として捉えます。

頭とあばらの間は、頭1個分空けます。
また、あばらと骨盤の間も、頭1個分空けます。
前屈みの姿勢のときなど、あばらと骨盤が重なるときは、間を空けません。

肉付けをする

単純化した素体を描くことに慣れてきたら、肉付けをしましょう。
素体が描ければキャラクターも描けるようになります。

頭1個分空ける理由

あばらと骨盤の間を頭1個分空ける理由は、間に接続部が入るからです。

また、頭とあばらの間には、首が入ります。

人体の比率

人体の比率

人体の比率を大まかに覚えておくと、ジェスチャードローイングの際にも人物が描きやすくなります。

胴体の長さを「1」とすると、脚の長さが「1」です。
また、太ももの付け根から膝までが「1」に対して、膝から足首までの長さも「1」です。

腕や脚はストレッチできる円柱、と覚えておきましょう。

表現力を身につけるために

ジェスチャードローイング の実践4

更に、ジェスチャードローイングのポイントの学習と実践を交互に繰り返し、人物の表現力を身につけていきます。

はじめてのジェスチャードローイング講座をもっと詳しく動画で解説!7日間の無料お試しで視聴しよう!

パルミーの月謝制講座「はじめてのジェスチャードローイング【ヌード編】」では、ジェスチャードローイングの実演を動画で見ることができ、人物モデルを表現するためのテクニックを習得できます。

はじめてのジェスチャードローイング【ヌード編】

はじめてのジェスチャードローイング【ヌード編】

  • 絵を上達させるための考え方
  • 「モデルの線」をワンストロークで捉える方法
  • 絵を動詞で表現する方法
  • 「C・S・I(曲線と直線)」を使って印象を捉える方法
  • 感じた印象を強く描く「PUSH(誇張)」

授業は1日目から7日目まであり、日にち別にテーマを持ってジェスチャードローイングに取り組みます。

パルミーの月謝制講座では、他にも様々なジェスチャードローイング の講座を視聴することができます。

はじめてのジェスチャードローイング【衣服編】

はじめてのジェスチャードローイング【衣服編】

「はじめてのジェスチャードローイング【衣服編】」では、服のシワの特性を覚えた後に、着衣の人物をモデルにして練習を行います。

ジェスチャードローイングの熟練者である砂糖ふくろう先生の考え方を学んで、イラストの上達に役立ててみてください。

無料お試しでは、これらの講座をはじめとする200以上の講座が全部視聴できます!
パルミーの月謝制講座の詳細についてはこちらから!

初心者から絵師デビュー!

【初心者歓迎】自宅でイラストが学べるオンライン教室。わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速!【7日間の無料お試し実施中】

詳細はコチラ!

イラレポを投稿しよう

book-icon
おすすめ講座