ありがとう!利用者数200万人突破!
会員登録をしてPamieをもっと楽しもう!
最短20秒で無料登録完了!

ぼかしを使った遠近法とグロー効果のテクニック講座

この講座では効果的にぼかしを使った遠近感の作り方と幻想的な光のテクニック「グロー効果」を学んでいきます。幻想的なイラストを描くコツにも迫っています。

イラレポ
  • STEP.1 描き込み1

    Play button l
    ぼかしをかけたい大きいものを描き込みます。指先ツールの使い方や遠近について解説します。
  • STEP.2 ぼかし

    Play button l
    STEP1で描いたものをぼかします。フィルタとツールを使ったぼかし効果のかけ方を解説します。
  • STEP.3 描き込み2

    Play button l
    背景の細かい部分を描き込みます。
  • STEP.4 光の入れ方

    Play button l
    ペンツールを使った光の入れ方について解説します。
  • STEP.5 仕上げ

    Play button l
    フィルタやツールを使ったぼかしやグラデーションを使った光効果で画像全体を調節する過程を説明します。

この講座の内容

「イラストに奥行きがなく、物足りなく感じる」「世界観のあるイラストが描けない」。そう感じたことはありませんか?
そのお悩みぼかしを使った遠近法テクニックを学ぶと解決するかもしれません。
光のテクニック「グロー効果」とぼかし効果のかけ方を学んでデジタルイラストの表現の幅を広げてみましょう。



背景の描き込みとぼかし表現

イラストに奥行きをつくる遠近法

まず最初に、ペンツールと指先ツールを使い雲を描き込みます。
指先ツールを使うときは伸ばす、押し込む、混ぜるの3つを意識して動かしましょう。

雲を描く

雲がある場所にペンツールで色をつけ、指先ツールで伸ばします。この時、描きたい雲の形を意識するようにしましょう。

雲の形を意識する

次は雲のふわふわした輪郭を描きます。
指先ツールで輪郭を雲の内側に押し込んでから混ぜるように動かして描いていきます。

雲の輪郭を描く

次に遠近感を意識しながら道しるべを描きます。
イラストに奥行きをつくるため、自分から遠いものは小さく近いものは大きく描きます。

遠いものは小さく見える 近いものは大きく見える

場所や対象物別にレイヤーを作成して制作を進めると、後からぼかしをかけやすくなります。

レイヤー分けを行う

ぼかし効果をかける

続いてぼかし効果をかけます。

絵の中心、この絵ではキャラクターから離れたところにぼかしを入れます。距離があるほど強くぼかしを入れましょう。

背景にぼかしをかける

失敗した時のためにレイヤーを複製し、複製したレイヤーにぼかしをかけます。

レイヤーを複製する

ソフトによって変わりますが、ぼかしにもいつくか種類があります。今回はガウスぼかしを使用します。

ガウスぼかしを使用する

イラストの中心となるものから遠くなるものほど強くぼかしをかけます。
このイラストでは距離を手前、真ん中、奥の3つにわけています。遠近とぼかしについては肉眼だと個人差があるので写真などを参考に考えましょう。

遠近感とぼかし効果

距離ごとにレイヤーを分けずに描いた場合はぼかしツールを使って手作業でぼかします。ツールのサイズや濃度などの設定を変えながら作業を進めていきます。

レイヤーごとにぼかす

背景の雲と水面を描き込む

雲の色を調整しました。

背景の雲色を調整

水の流れや波紋、空の星を描いてぼかします。
どこにどのような効果をかけたのか混乱しないよう、ひとつずつ描いては効果をかける作業を繰り返す方法をとっています。ラフの段階で予定していなかった修正や加筆の作業もこの段階で行います。

水面の波紋 空の星を描く

空や雲、草木の描き方を身につける!

背景イラストに必要な自然の描き方の知識を全3回で集中して学ぶ!講師は背景イラストの技術書を手がけるgarnet先生。

詳細はコチラ!
詳細はコチラ!

光の表現とテクニック「グロー効果」

グロー効果とは

グロー効果という言葉を聞いたことはありますか?グロー効果とは、イラストが光彩を放つように演出する効果のことです。ゲームのイラストなどでも使用されているテクニックです。


光の入れ方

ここからは光の表現について解説を行っていきます。まずは全体に光を入れます。
このイラストではキャラクターから見て左側に光源がある、つまり逆光になるよう影をつけているので光もそれに合わせて入れていきます。

光の表現を入れる

光を入れる方法はいくつかありますが今回は主にペンツールを使用して入れます。 影を描くのと同じように描き込みます。

背景の光を描く

光の色は今回は白色に近いオレンジ色を使っています。
白や黄色が多いですが、赤、青、緑などカラフルにするのも良いでしょう。

オレンジの光の色

レイヤーのモードは通常、スクリーン、オーバーレイなどで行います。乗算など色が重なると暗くなるモードは向きません。

レイヤーモードをオーバーレイに

光が弱い場合はレイヤーを複製して透明度を調整するか、新しいレイヤーを重ねて光を描き込みます。

レイヤーを複製して透明度を調整

キャラクターと同様に物にも光を描き込んで光を入れる作業は完成です。

光を描き込む

作品の仕上げ

仕上げの効果をかけていくために、ここまでに描いたイラストを描き出し、1枚の画像にします。

レイヤーを統合して1枚に

レベル補正を行います。

レベル補正を行う

レベル補正機能を使って明暗を調整します。
これはレイヤーが複数ある場合選択されたレイヤーのみに効果がかかりますが今回は1つのレイヤーにまとめてあるため全体にかかります。

レベル補正で明暗を調整

水面に反射や影を描き込み、再び画像を書き出します。

水面の反射や影を描く

全体にぼかしをかけます。書き出した画像を複製してレイヤーを重ね、1番上のレイヤーにぼかしをかけます。

複製レイヤーをぼかす

ぼかしたレイヤーの透明度を調整して下に重ねたレイヤーが軽く見えるようにします。レイヤーの設定もオーバーレイや乗算などにして全体を調整していきます。

オーバーレイや乗算に設定

ぼかしたレイヤーを重ねることでイラスト全体がやわらかい雰囲気になります。

レイヤーを重ねる

ぼかしツールを使って手作業で部分的にぼかしをかけます。全体にぼかしをかけたレイヤーの下のレイヤーを使用します。

ぼかしツールを使う

画像の縁、隙間、離れたところにあるものにぼかしをかけます。このレイヤーも先ほどと同様に透明度などを調整します。

画面の縁などぼかしをかける箇所 光のグラデーションをかける

最後にグラデーションを使って光をいれます。

グラデーションレイヤー

グラデーションをかけたレイヤーを作り、光を入れたいレイヤーの上に重ねます。光を入れたくないレイヤーは一番上にしましょう。

レイヤーの調整

レイヤーモードや透明度を調整し、仕上げます。

レイヤーモードの調整

以上でこの講座の解説は終了です。
動画講座では文章からではわかりづらい部分も映像と音声で解説を行っていますのでぜひチェックしてみてくださいね!



イラレポ

先生プロフィール

なっさん
初めまして!なっさんといいます!宜しくお願いします! オリジナルの作品を中心に絵を描いています。 絵の中で一番苦手な物は線画です(笑) 自分の描き方が皆様のお役にたてれば幸いです。

お手本イラスト

この講座の制作環境

OS:Windows7
ソフト:AzPainter2
ペンタブ:wacom

この講座のイラレポ

遠近感と光を意識したイラストを描いてみましょう!

イラレポ投稿