イラストやマンガの描き方が学べるオンライン教室

Apple Pencilで描く!かわいい春の妖精イラストのメイキング講座

イラレポ

この講座はイラストレーターとして活躍するウタコさんがApple Pencilでかわいい春の妖精を描いていく、メイキング講座です。アップルペンシルを使ったデジ絵ってどんな雰囲気になるんだろう?と思っている方やウタコさんのメイキングを見てみたい方はぜひご覧下さいね!



Apple Pencilで描く!春の妖精イラスト

ウタコさんのイラストメイキング第二弾、早速スタートです。前回の魔女メイキングはこちらをご覧くださいね!
まずはラフから描いていきます。ラフのペン色も春らしいピンクを選ばれてますね。

春の妖精ラフイラスト

アップルペンシルを使ってラフをどんどん描き進めていきます。髪を描き足したり、顔を描き直しながらイメージを形にしていきます。

ラフを進めてイメージを形にする

ラフが終わったら、次は線画に入っていきます。ペン入れをする時はラフのレイヤーを薄くして上から線を決めつつペンを入れていきます。

ラフのレイヤーを薄くしてペン入れする

ペン入れが進んでいきます。顔の表情や身体のラインが決まりました。

表情や身体のラインを決める

ラフを確認しながら手や振り袖を描き込んでいきます。右手の袖はラフ時点ではありませんでしたが、ペンを入れる内にイメージが固まって来たようです。

手や振り袖を描く

線画が完成しました。完成イラストで登場する桜の枝はこの時点ではまだ描かれていません。

春の妖精の線画が完成

髪の毛や振袖に色を塗っていきます。

髪の毛や振袖に色を塗る

顔を描いていきます。瞳や鼻、表情を描き込んでいきます。

瞳や鼻、表情を描く

光のバランスを考えながら足の部分にも色を塗っていきます。これまでピンク色のみでしたが、薄い緑色が登場しました。

光のバランスを考えて塗る

着物の描き込みを行い、髪の毛に緑色の部分を描き足していきます。

妖精の着物に描き込み

顔の側の髪の毛に色を足していきます。緑とピンクの組み合わせがとても馴染んで春らしい雰囲気が出ていますね。

緑とピンクの組み合わせ

着物の帯や袖、襟元を描き足し、更に髪の毛も描き込んでいきます。

着物の帯や袖、襟元を描き足す

終盤に近づいてきました。ここで手に桜の枝を持たせていきます。

桜の枝を持たせる

桜の枝が描かれました。

桜の枝が完成

草履も描いていきます(形的に下駄ではないようです)。草履の色は着物よりも濃い赤で描かれました。

赤い草履を描く

背景も少し描き足し、イラストが完成しました。最小の色数で春の妖精を描いたウタコさんの作品が仕上がりました。

春の妖精のイラストが完成

短期集中でイラストを仕上げる!

全5回の短期集中授業でラフから線画、塗り、仕上げまでを描き上げる初心者歓迎のイラスト上達プログラムです!

詳細はコチラ!
イラレポ

先生プロフィール

teacher.teacher_name

DoKiDoKi Drawing

おすすめプレミアム講座

すべて見る >
チャプター
お手本
イラレポ
STEP.1

下絵を描く

ピンク色のブラシで下絵を描いていきます
STEP.2

線画を描く

濃いめのピンク色で線画を描いていきます
STEP.3

下塗りをする

色を大まかに塗っていきます
STEP.4

顔を描く

目や口などを描き込んでいきます
STEP.5

着物を描く

着物を描き込んでいきます
STEP.6

髪を描く

髪の毛を描き込んでいきます
STEP.7

枝木を描く

桜の枝と花びらを描いていきます
STEP.8

影を描く

濃いめのピンクで影になる部分を描いていきます
STEP.9

線画を濃くする

線を描き足して、メリハリをつけていきます
STEP.10

前髪を描く

最後に鮮やかなピンク色で前髪を描いていきます