会員登録をしてPamieをもっと楽しもう!
最短20秒で無料登録完了!

shichigoro-shingo(シチゴロ・シンゴ)先生イラストメイキング

モード学園の広告などでおなじみのイラストレーター 、shichigoro-shingo先生によるイラストメイキングです。マチエールが素晴らしい、世界観のあるイラストが特徴的です。
作者:shichigoro-shingo 提供元:CLIP STUDIO PAINT

  • STEP.1 下書き

    Play button l
    線画を描いていきます。
  • STEP.2 顔を描く

    Play button l
    色や陰影を描きながら顔を描いていきます。
  • STEP.3 髪を描く

    Play button l
    同様に髪を描いていきます。
  • STEP.4 服を描く

    Play button l
    同様に服を描いていきます。
  • STEP.5 背景を描く

    Play button l
    同様に背景を描いていきます。
  • STEP.6 小物を描く

    Play button l
    同様に小物を描いていきます。
  • STEP.7 仕上げ

    Play button l
    細かいところを描き込んでいきます。

この講座の内容

shichigoro-shingo(しちごろしんご)先生のイラストの魅力は、なんといっても迫力を感じさせる圧倒的な描写ですよね!
先生のイラストがどのように描かれているのか、その流れを見てみましょう!



プロのイラストレーターによるイラスト制作!下書きから色塗り

人物の顔を描く

まずはエアブラシの「柔らか」で下絵を描いていきます。

エアブラシで下絵を描く

顔と首まわりを黒く塗りつぶします。

顔と首回りを塗りつぶす

「自動選択ツール」で塗りつぶした部分を選択し、透明度を30%に下げます。

透明度を下げる

選択した範囲に、質感を出すテクスチャを貼ります。

テクスチャを貼る

エアブラシで、徐々に陰影をつけていきます。

エアブラシで陰影をつける

レイヤーを複製し、黒く塗り潰した選択部分を赤く塗りつぶします。

レイヤーを複製する

赤く塗りつぶしたレイヤーを「ソフトライト」に設定し、頬(ほほ)や鼻、口元に赤みを足します。

ソフトライトに設定する

目を細かく描きこみ、輪郭や鼻に陰影を足して立体感を調整します。

立体感を調整する

次に、目や首の付け根の陰影をさらに強くします。

陰影を調整する

目頭や下まぶたにハイライトを入れます。

ハイライトを入れる

レイヤーを複製して重ね合わせ、迫力のある印象にしていきます。

レイヤーを重ね合わせる

ひたすら描きこみをして調整していきます。

描き込みを加える

テクスチャを追加し、透明度を下げたブラシで肌の色を乗せ、なじませていきます。

ブラシで馴染ませる

次に、ひび割れを描きます。
割れ目の部分に細かく陰影をつけながら描写していきます。

顔のひび割れを描く

髪を描く

まず、髪の輪郭をとり髪の部分を塗りつぶします。

髪の輪郭を取る

髪の毛を描き、陰影をつけます。

髪に陰影をつける

上から黒で髪の毛の色を暗くします。

髪の色を塗る

少し髪を描き起こした後に、テクスチャを加えていきます。

テクスチャを加える

人物の服を描く

服の部分にもテクスチャを加え、陰影などを描き込んでいきます。

服を描く
服の陰影を描く

背景をテクスチャやブラシで描き込み、人物と背景の間にある輪郭の部分に白い線を描き足します。

人物と背景の境界を作る

身につける小物を描く

小物を描いていきます。まずは線画を描き、その上からテクスチャを重ねます。

小物を描く

ハイライトの部分を描いていきます。

イラスト メイキング 小物 ハイライト

さらにテクスチャを重ねます。

ハイライトを描く

陰影を強くつけていきます。

陰影をつける

反対側も同様に描き込んでいきます。

描き込みを加える

ついに登場!人体デッサン講座

代々木デッサン教室の吉田英利先生が解説する人体デッサンの講座実施中♫ 見逃した授業は録画動画で復習できるので安心です!

詳細はコチラ!
詳細はコチラ!

イラストメイキング ~仕上げ~

仕上げ

仕上げとして、全体的に描き込みを加えていきます。
これで完成です。

描きこみを加えて仕上げる

以上で、shichigoro-shingo先生のイラストメイキングは終了です。
動画講座では、実際にイラストを描きながら仕上げていきますので、 記事よりも更に理解しやすくなっています。
ぜひチェックしてみてくださいね!

完成したイラスト
イラレポ

この講座の制作環境

ソフト:CLIP STUDIO PAINT