会員登録をしてPamieをもっと楽しもう!
最短20秒で無料登録完了!

自然物の描き方講座:イラストやアニメの背景の描き方 [Ari先生Vol.10]

この講座はAri先生による背景イラストの描き方講座です。イラストやアニメなどで必要な背景の描き方について解説しています。この回では第10回までで描いてきた素材を使って背景を描いていきます。

イラレポ
  • STEP.1 素材を配置する

    Play button l
    今まで描いてきた背景を素材として配置します。
  • STEP.2 背景を描き加える

    Play button l
    より自然に見えるように山や森などを描きます
  • STEP.3 影をつける

    Play button l
    影をつけていきます。
  • STEP.4 トリミング

    Play button l
    最後にトリミングをして完成です。

この講座の内容

の講座は背景イラストレーターAriさんによる自然物についての解説記事です。Ariさんの講座10回目となるこの回では、これまで解説してきた岩、木、空、雲、山、地面などのまとめ編になっています。
これまでの講座はこちらからも見ることができますのでぜひチェックしてみてくださいね!



岩、木、空、雲、山、地面など自然物のイラスト解説

これまでの9回で描き方を学んできた自然物を1つの画面にまとめていきます。地面と空の堺は空気遠近法といって、薄い色になります。
今回の講座では扱っていませんが、11回目以降の講座ではアイレベルやパースなどについても解説していますので、ぜひご覧下さいね!

空気遠近法で空が薄くなる

画面奥に山が入り、森が追加されました。最初に何を描くかを決めてから描く方が説得力のあるイラストになるそうです。後からいろいろなモチーフを入れると遠近感がおかしくなったり、どうしても抜けてしまう要素などがあるということかもしれません。

山と森を描く

森の横に牧場が描かれました。羊や建物が追加されることで画面が豊かになりましたね。手前にも羊などを描いてもいいかも、ということで岩の隣あたりに羊がいます。

牧場と羊のイラストを追加する

以上で背景イラストレーターAriさんによる自然物についてのまとめの講座は終了です。この回ではこれまでのまとめということで具体的な描き方については触れてませんが、興味があればぜひ他の講座も見てみてくださいね!

空や雲、草木の描き方を身につける!

背景イラストに必要な自然の描き方の知識を全3回で集中して学ぶ!講師は背景イラストの技術書を手がけるgarnet先生。

詳細はコチラ!
詳細はコチラ!
イラレポ

先生プロフィール

Ari
背景イラストレーターのariと申します。 主にゲーム、映像、雑誌等の背景、風景イラスト制作を行っています。 本講座が何かの参考になれば幸いです。 それでは、よろしくお願いします。

この講座の制作環境

OS : Mac OS X 10.6
ソフト:Photoshop CS4
ペンタブ:Wacom Intuos4

この講座のイラレポ